無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

🌈40🌈
映画館に向かってる途中





急にあなたが静かになって





モジモジし始めたから不安になって





"あなた?どした?"





って聞いた。そしたらあなたは





あなた
あなた
あ、いやなんでもない!





って言って歩き始める。と思ったら、





あなた
あなた
や、やっぱ…あのさっ…






なんて言うから心配。





"ん?どした?"





って言うと、、、





あなた
あなた
そ、その、…て…
ユンギ
ユンギ
て?
あなた
あなた
手…繋ぎたいっ…///






な、な、なんだ、この可愛い生き物は…!!





心臓止まるかと思った。うん。





上目遣いでか弱そうにそんなこと言われると





理性保てねぇつーの///





ユンギ
ユンギ
ん、いいよ






し、心臓がっ………





あなた
あなた
ふふっ、ユンギ君お塩だね〜ㅎㅎ






いや、あなたさん。





あなたにデレてる所を初デートの日から





お見せできません。はい。





手繋いでるってだけでドキドキするし。





ユンギ
ユンギ
いつまでお塩かな〜ㅎㅎ






(いや、ユンギ様…発言が 意・味・深!)





あなた
あなた
へへっ、なにそれ〜ㅎㅎ






あなた、あなた純粋過ぎて泣くよ?





まぁ可愛いからね、許す。←





ユンギ
ユンギ
なんだろうな、笑
あなたにはまだ早いの〜
あなた
あなた
なになに!?教えてよ〜!
ユンギ
ユンギ
だーめ笑
あなた
あなた
( ˘•ω•˘ )むぅ






あーもう、その顔。








ユンギ
ユンギ
ふふっ、かわい。(撫で
あなた
あなた
んふふ…///






あー、だから









































惑わせるな、もうッ!