無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

56
2019/06/30

第7話

まふまふ視点
まふまふ
まふまふ
びっくりしたぁ…。
質問コーナーでまさか王女様から…。




ん?ということは、Twitterやってる!?
DM送信送信。
まふまふ
まふまふ
この間の質問コーナー、王女様ですか?
返答は五分後にきた
雷夏
雷夏
はい、そうです。
俺は思いきって、
まふまふ
まふまふ
あの、この間いいかけたこと言っていいですか!?
雷夏
雷夏
…どうぞ
まふまふ
まふまふ
あの俺!ずっと王女様のこと好きでした!!
雷夏
雷夏
…今、なんと?
まふまふ
まふまふ
ずっと好きでした!今度会えませんか!?
雷夏
雷夏
お断りします








終わった…。
失恋した絶対嫌われた…。
落ち込んでると、マホト君から連絡がきた
マホト
マホト
まふ、明日空いてる?
まふまふ
まふまふ
うん…空いてる…。
マホト
マホト
王女様に会わん?
まふまふ
まふまふ
会う!!
マホト
マホト
はや反応
次の日
まふまふ
まふまふ
こ、こここんにちは!
マホト
マホト
…こんなに緊張してるまふ初めて見た…。
雷夏
雷夏
…こんにちは…。
まふまふ
まふまふ
(う、テンション低い…。)
マホト
マホト
相変わらず美人だなぁ(笑)
雷夏
雷夏
あなたも一段と美男になったんじゃないかしら?(笑)
…この二人、仲良いなぁ…
マホト
マホト
焼きもち妬いてるぞまふが。
マホト
マホト
大丈夫だよまふ。こいつまふらーだから。
雷夏
雷夏
あっ
まふまふ
まふまふ
えっ
雷夏
雷夏
…そうです…///
まふまふ
まふまふ
あ、有難うございます!
雷夏
雷夏
いえそんなかしこまって挨拶されることでもないですし…。
マホト
マホト
(この二人面白いなぁww)