無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

2人なら
山田涼介
ねぇ、もう入れてもいい⁇
あなた

う...ん...

そう言うと、涼介くんは優しく、ゆっくり入れてきた。何か、知念くんの時とは違った。
あなた

ん...もっとはやくしても...いいよ...

山田涼介
じゃあそうするっ...
あなた

ん...はっ...あっ

山田涼介
ねぇ中でもいい?
あなた

えっ...でも...

山田涼介
もう...大人なんだしっ...子供できたっていいだろ?
あなた

うん...あっ...

暖かいものが私の中に...。
あなた

んぁぁ......

山田涼介
うっ...
まだ入ったまま眠りについた。