無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,905
2021/05/16

第9話

なな
あなた
勝己!ちょっと待てって!!
私は走って彼の背中に呼びかける
爆豪勝己
爆豪勝己
あ"ぁん?
勝己は止まって、その鋭い目でこちらを見据えた
あなた
アレで…良かったのかよ。勝己だって受け入れたくないだけで本当は…!
爆豪勝己
爆豪勝己
うっせえ!!俺一人で解決したんだ…俺が1人で!!!
勝己はどこか…自分に暗示をかけているようにも見えて。

私は降参した。
あなた
……まあ、それならそれでいいか。
いつか君らが和解するのを待ってるよ
爆豪勝己
爆豪勝己
…帰るぞ
あなた
爆豪勝己
爆豪勝己
てめぇ今日ウチで晩飯食ってけや
あなた
!いいの?!
爆豪勝己
爆豪勝己
ババアがてめぇ連れてこいってうっせーんだよ
あなた
よっしゃ!行く!!
爆豪勝己
爆豪勝己
わーった
勝己は自身の携帯を操作し、光己さんに私が一緒に行くのを伝えたようだった
あなた
今日の夕飯何かな?!
爆豪勝己
爆豪勝己
知らねぇよ
うっせーからさっさと黙れ
言葉はキツイけど…私の前ではマシな方か。

いっつもは出久とかによく突っかかってるしな
爆豪勝己
爆豪勝己
てかてめぇ…親父さんは
あなた
あー〜ー…また、地方に転勤になって…
爆豪勝己
爆豪勝己
…そうかよ。…無理すんなよ。
て、てめぇに倒れられたらこっちが迷惑かかるくからな!!
あなた
ははっ…分かった。ありがとう
ウチはもともと、とても仲のいい家族だった。


でも、家族みんなで出かけた時、母さんが敵に襲われた。


たくさんのヒーローが来たけど、もう手遅れで。



彼女はものすごく静かに、死んでいった。





だから私は…


ヒーローになりたいんだ!!




父親も転勤ばかりで、私に構う暇なんか無かった。


そんな時にいつも気にかけていてくれたのが、光己さんと勝己だ。



2人には、本当に感謝してる。
あなた
ありがとう、勝己
爆豪勝己
爆豪勝己
あ"?!…別に。
勝己は怒鳴ろうとしたが、私の表情を見て察したらしい。









…マジで、ありがと