無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

406
2020/03/06

第3話

柱としての日常
ドンッ!
一般隊士
一般隊士
うお!?
一般隊士
一般隊士
大丈夫か…って子供‥?
一般隊士
一般隊士
おいおい、なんで子供なんかがこんな所にいるんだ?
あなた

一般隊士
一般隊士
おーい?
一般隊士
一般隊士
!?
一般隊士
一般隊士
おっまえ、何してるんだ!
一般隊士
一般隊士
え‥!?子供がいたから、迷子か確かめてるだけだけど‥
一般隊士
一般隊士
その方は、先日新しく柱に選ばれたお方だぞ!
一般隊士
一般隊士
はぁ?おいおい、冗談はよせよ笑
伊黒
伊黒
冗談ではない
一般隊士
一般隊士
へ、蛇柱様!?
伊黒
伊黒
そいつは、確かに柱だ
伊黒
伊黒
鴉(からす)からの連絡を聞いていなかったのか?
一般隊士
一般隊士
す、すみません‥
伊黒
伊黒
なぜ俺に謝る
一般隊士
一般隊士
え?
伊黒
伊黒
謝る相手を間違っていると言っているのだ馬鹿者
一般隊士
一般隊士
は、はい!
一般隊士
一般隊士
天柱(あまばしら)様、蛇柱様、申し訳ございませんでしたぁぁぁ!
伊黒
伊黒
‥ったく、最近の隊士共はたるんでいるな‥
あなた

伊黒
伊黒
お前も、もっとしっかりしろ
伊黒
伊黒
れっきとした柱なのだから
伊黒
伊黒
でないと、またさっきみたいに普通の子供に間違われるぞ
あなた

伊黒
伊黒
‥お前の実力は本物だ
伊黒
伊黒
もっと自信をもて
あなた