無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

私の居場所
佳音
佳音
王子、様……?
 青髪の王子様は立ち上がってもう一度、私を優しく抱きしめてくれた。

 私の涙は勝手に溢れた。理想の王子様が私の悲しみを包んで慰めてくれる。
???
???
幸せがないなら、ここで作っていけばいい
 私は青髪の王子様に身体を預けた。そうだ、これからは何にも煩わされずにすむんだ。きっとそうだ。

 私はまどろむ。そして甘い夢を見る。白いウェディングドレスを着て、大きな教会へ歩いて行く夢を。



 × × ×



 甘い夢から覚めた先には奇妙な現実が続いていた。

 私は天蓋付きの大きなベッドで寝ていて、同じ顔の男性が二人、左右から私を見ていた。

 私は上体を起こした。それ以外に何をしていいのか解らない。
??
??
奥様、漸く目を覚まされましたか
??
??
奥様って、ババアかっつの。どう見てもガキもとい子供だろ
 シャツとベストとスラックスを纏い、緑髪をポニーテールにした中性的な人たち。

 確かに私を見ているのに二人とも目を閉じている。とても格好いいのに不思議な人たち。
??
??
申し訳ありません奥様。俺の弟は大変口が悪くて
??
??
へつらいながら喧嘩売るんじゃねーよ、タコ兄
??
??
ちょっと仕事ができるからといって、口の悪さが許されるわけではありませんよ、イカ弟?
 言い合いがヒートアップしていく。口を挟めない。

 私が手元に視線を落としてもじもじしていると、繊細な細工が施された木製のドアが開いた。
???
???
僕のお嫁さんの前で聞き苦しいやりとりはやめてくれないか?
 青髪の王子様!よかった、私の目の前げんじつから消えないでくれた!

 現れた青髪の王子様は優しい視線と声色で私をときめかせてくれる。

 王子様は私のいるベッドに歩み寄って、軽くしゃがんで私に手をさしだした。
???
???
おいで?
 優しくて暖かい微笑みで、青髪の王子様が私を呼んだ。

 私の心臓が不規則な音を立てる。

 この人の胸で泣いたことを思い出したら、恥ずかしさと嬉しさで頭がくらくらしてきた。
???
???
来ないなら行くよ?
 青髪の王子様は靴を脱いで、ベッドに膝を乗せた。

 ベッドが少しずつ沈んで、王子様が私に近づいてくる。

 発育が悪い子供の私とは違う、華奢だけど男の人だと思わせる重みが近づいてくる。
佳音
佳音
ご、ごめんなさい!
 私は両手で顔を覆う。ときめきと恥ずかしさで、私が今どんな顔をしているのか解らない。

 変な顔だったらどう思われちゃうんだろう。そう考えるとすごく怖い。
???
???
……名前も知らない男に近づかれたら怖いよね
 青髪の王子様はゆっくりと私から離れて、ベッドの端に腰をかけた。

 初めて見た王子様の背中に、強烈な寂しさを感じる。

 私は四つん這いになって、緊張しながらも王子様の背中に向う。その背中に抱きついて頭を預けた。
佳音
佳音
その、ごめんなさい……
???
???
僕のお姫様になるんだから、これくらい普通だ
 青髪の王子様は私の手に手を重ねてくれた。心臓が暴れ狂って倒れてしまいそう。

 それでもこうしたい。やっと出会えた理想なんだから。
アベル
アベル
僕はアベル。ただの貴族だけど、佳音が望むなら王子様になるよ
佳音
佳音
神谷佳音、です。その、私なんかの王子様って、いいんですか……?
 こんなに美しくて優しい人が、私の王子様になってくれる。

 嬉しいけど、私なんかじゃこの人に釣り合わないとも思う。

 私、なんでこんなにちんちくりんで、貧相で、自分に自信が持てないような身体なんだろう。
アベル
アベル
……信じさせるよ
 青髪の王子様は立ち上がった。前のめりに倒れた私を抱き上げて、眩い笑顔で言う。

 それだけで私は青髪の王子様―――アベル様が私の王子様だと信じたくなってしまう。
アベル
アベル
さて、佳音。湯浴みをしてからお姫様にふさわしいドレスを選ぼう
 ……湯浴み?湯浴みってお風呂のことだよね?

 こんな貧相な身体、アベル様にだけは見られたくないな、なんて思う。

 お風呂に入るのは勿論、私一人だよね?