無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

裕翔said
あなたがまさか俺に別れを告げるなんて、思ってもいなかった…



俺は気がついた



























































あなたの事が大好きだった事に…




別れを告げられて、初めて知った。


あの笑顔が
あの声が
あの温もりが
あの優しさが




もう、戻ってこないことに…










俺、何してんだろ…






































今、貴女に伝えることができるなら

かの有名な言葉で表すと…





























“月がきれいですね。”








今はもういない貴女のことを思って、精一杯叫んだ。

















































そうすると…














































涙が溢れた