無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

➮ 34




















- 8年前









担任:ほな転校生を紹介するで〜!









- 担任の先生の一言で教室がざわめいた









男子:え!?てんこうせい!?




女子:おとこのこかな?おんなのこかな?




担任:ほら静かにしぃ!入っておいで!









- 担任の先生の掛け声であたしは教室に入る









担任:東京都から引っ越してきた,難波あなたさんです!




あなた:よ,よろしくおねがいします……!









- 家庭の事情で

あたしは小学3年生の時に

東京から兵庫に引っ越してきた









担任:難波さんは" 宮くん "の隣の席ね









- " 宮くん "と呼ばれた彼









宮:おーい!こっちやでぇ!









- 元気良く手を振って呼んでくれる

あたしはその男の子の隣の席に座った









宮:よろしくなぁ!




あなた:よ,よろしくおねがいします!




宮:おれ," みや あつむ "!









- 『 あつむってよんでや! 』と笑う彼

少し緊張が解れた









侑:なぁ,とうきょうからきたんやろ?




あなた:え?う,うん…!




侑:すごいなぁ!とうきょうってどんなところなん!?




あなた:え?うーん…" たてもの "と" ひと "がたくさんのところかな……?









- 『 すげぇ!いってみたいわぁ! 』と笑う侑くん

興味津々で目をキラキラ輝かさせていた






















?:ツム,かえろうや









- 放課後になると誰かが侑くんを迎えに来た









侑:おん,サム!かえろかぁ!









- " サム "と呼ばれたその男の子









あなた:ッ……!?おんなじかお…!?




サム:なんや?うわさのてんこうせいか!




侑:せやで!あなたっていうんやで!









- 『 おれ," みや おさむ "!よろしゅう! 』と笑う彼

どうやら侑くんと双子らしい









侑:せや!あなた,きょうひまか!?




あなた:え?う,うん……




侑:うちきぃひん?かあさんにもしょうかいする!









- お母さんにも紹介したいから家に遊びに来てと言う侑くん









あなた:え,い,いいの……?




侑:あったりまえやろ!!









- 『 おれたち,もう" ともだち "やん! 』