無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🐶
今日は収録の終わりが早かったから妹に会いにRBWに向かっていた






































M.G
プルルルプルルル📞


















ガチャ



























M.G
あ、ムンビョル先輩こんにちは!
ムンビョル
おぉ、ミンギュ君どうしたの?
M.G
今日仕事が早く終わったんで今からミンジェに会いに行っても大丈夫ですか?
ムンビョル
うん、こっちは全然構わないよ
ミンジェ
(ムンビョルオンニ~🎶ソラオンニが怒っちゃいますよ?ㅎㅎ)
ムンビョル
ん~今行く
じゃあ着いたらまた連絡して
M.G
わかりました







.
















タクシー拾えるかな~


























✋


















🚕















RBWエンターテインメントまでお願いします

















運転手:わかりました
































そして20分後無事目的地へ到着!!
















M.G
プルルル📞
ムンビョル
あ、着いた?
M.G
はい
玄関のところにいます
ムンビョル
じゃあミンジェと一緒に迎えに行くね
M.G
ありがとうございますㅎㅎ












.















ムンビョル
よ!わざわざご苦労だねㅎㅎ
ミンジェ
오빠!!
M.G
わㅎㅎミンジェ大きくなったねㅎㅎ
ミンジェ
そりゃあ成長期だもんㅎㅎ
ミンジェ
あ!オンニ
ちょっとラウンジ行ってきてもいいですか?
ムンビョル
ん?、いいよㅎㅎ
2人でゆっくりしてきなㅎㅎ
先戻ってるから
ミンジェ
ありがとうオンニ!!
M.G
ありがとうございます






.










ーーラウンジーー









ミンジェ
はい오빠、コーヒー
M.G
ん?あぁありがとうㅎㅎ
M.G
どう?
嫌な事とかない?大丈夫?
ミンジェ
もうㅎㅎ心配性なんだから
大丈夫だって!!
今オンニ達にラップとかダンスとか色々教えてもらってるのㅎㅎ
M.G
そっか、それなら良かったㅎㅎ
ミンジェ
あ!そういえば大切な報告があるの
M.G
え…なになに!?
ミンジェ
私ね、オンニ達のグループに合流させてくれるんだって!!
M.G
本当に!?
良かった…!!













ピタッ💧











僕の手の甲に暖かい雫が落ちてきた…




















ミンジェ
오빠…泣いてる…ㅎㅎ








僕はミンジェに言われて初めて気づいた…




















"自分が涙を流していることに"……






















M.G
ご、ごめん……
何でだろう…止まらないや…ㅎㅎ
ミンジェ
오빠…泣きたい時は泣いていいだよ…??
私もオンニ達にそう言って貰えたから今こうやって元気にやっていけてるんだからㅎㅎ
M.G
ありがとう…






.









ミンジェ
本当にお礼を言わないといけないのは私の方だよ…
ミンジェ
あの人達に捨てられてからずっと…
私のことを守ってくれてありがとう…

오빠がいてくれたから私は今凄く幸せだよ!!




.







M.G
俺もミンジェがいてくれたからここまで頑張ってこれたんだ…
俺の妹として生まれてきてくれてありがとう…グスッ






.

















M.G
【これでもうあの記憶に苦しめられることはもうないだろう…】
M.G
【俺は前に進むんだ…】






















.








ミンジェ
오빠といつか音楽番組とかで会えそうだね!!
楽しみㅎㅎ
M.G
そうだなㅎㅎ
その時は俺達負けないからな!!
ミンジェ
私達もだよ!






.























M.G
もうそろそろ宿舎に帰らないと…
みんなお腹空きすぎて死んじゃうと思うからㅎㅎ
ミンジェ
そっか…また来てね!
次はSEVENTEEN先輩全員連れてきてよ!
挨拶したいし!
M.G
うん…わかった!!
ミンジェ
気をつけてね!
バイバイ!
M.G
バイバイ!














次→