無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

体育館
クラスの女子についていったら体育館についた
倉庫に入れられ鍵を閉められた...
彩花
ちょっと出して!誰か!
女子
ざまぁみろー笑
彩花
ねぇ!なんで!
彩花
私何かした!?
女子
優太君と話してるからいけないのよ
彩花
そ、そんなぁ
彩花
私が話しかけたんじゃないのに...
優太
彩花おせぇな!
正人
水筒〜ってあれ?なんでもりた1人なん?
優太
彩花にちょっと待っててって言われて待ってるんだけど帰ってこねぇんだよ
正人
彩花ちゃん?彩花ちゃんならクラスの女子についていったよ
正人
あの女子はいじめっ子だった気が
優太
はぁ!?今彩花は何処だ!
正人
何処に言ったかは知らないけど体育館方面に歩いてたよ
バタッ!ドン!優太は何も考えずただひたすら体育館へ走った
正人
ちょ!おい!もりた?
正人
待てよー!
優太
おい!正人!!なんでとめなかったんだよ!
正人
いや、友達なのかなって
優太
ふざけんな!
彩花
誰か!助けて!だれかー!!!
優太と正人が体育館についた
女子
はぁまじうけるわー
優太
おいっ!彩花は何処だ!
女子
キャー!優太君!!
女子
私優太君に話しかけられた〜!!
優太
おいっ!彩花はどこなんだよ!
女子
え?彩花さん?知りませんよ!
優太
は?
正人
おい!お前らさっき彩花ちゃんとあるいてただろが!
女子
はい、さっきはただ話してただけでいきなり彩花さんが体育館に走っていったんですよ?
優太
そんな訳ないだろ
女子
本当ですぅ
正人
気持ちわりぃ
女子
はぁ!?
優太
倉庫か?
優太は倉庫に向かった

ドンドン!
優太
彩花居るか?
彩花
居る!いるよー
優太
良かった...
優太
今開ける
ガンッ!
優太
は?鍵閉められてる
優太
嘘だろ...おい!そこの女子鍵返せ!
女子はいなくなっていた
優太
はぁ...マジかよ