第17話

 ❥ 
178
2023/02/11 13:19
あなた
…つかれた…
現在時刻午前2時

結局、さっきのさっきまで通話を繋げながら

勉強を教えていた。

お開きの理由は相手側の殆どが眠気に勝てなくなってきてたから。

まぁ睡眠も大事だから。

しょうがないけどさ
あなた
なぁんであれぐらい覚えらんないわけかなぁ…、
そりゃ入試はパスされてたよ?
されてたけれども、ほんともう…
もうちょっと理解してくれても良くない?

まぁ私は私のやること終わってるから教えてるけども…

バレーでも少々覚えられないし…

飛んだばかだ

馬鹿すぎてばか。
あなた
もうちょっと簡単に説明出来るようにしなきゃだなぁ
そう思ってると、

スマホから着信音が流れた。

誰かと思ったら角名くん。

寝ろよ!明日も部活あるんだから!

健康でいろ!男子高校生!!

なんて思いながら通話ボタンを押した
あなた
もしもーし、弦月ですー。
良い子の角名倫太郎くんは寝てくださーい。
明日も部活ありますよー。
角名
📞「あ、もしもし、あなた。夜遅くにごめん。」
あなた
うん、ちょっと迷惑。
お肌とかに悪いから早く寝なねー?
後、寝た方が記憶力上がるし!
角名
📞「あ、うん、ありがとう。あなたはさっきまで何してたん?」
あなた
お勉強教えてた。どう教えても覚えなくてちょっと困ってる。
まぁいつもどうりなんだけどね
というか角名くんはなんで掛けてきたの?
角名
📞「あ、いや。なんとなく。声聞きたくなって」
あなた
キミは私の彼氏かなんかですか!w
角名
📞「…なぁ
あなた
なんか言った?ちゃんとマイク拾えてなかったかも
角名
📞「いや、なんでもない。早く寝なね」
あなた
角名くんもね。寝不足で部活に支障出すのも駄目だからね
角名
📞「ハイハイ。
  んま、ほんとに声聞きたかっただけだから。
  じゃーね、おやすみ」
あなた
はーい、おやすみなさーい
テロンっと音がなって通話は終わった。

あのときなんて言ってたんだろ

まぁいいか。

明日もどうせ教えてって来るだろうから

先に覚えやすく出来るようにノートに書いとかなきゃ

うちの先輩方はなーんであんな馬鹿なのかねぇ
あなた
馬鹿、か…
私テスト80から90くらい取っときゃいいか。
その後にテストもう一枚もらってやらせてもらお。
ついでに向こうからもどうせ来るから、その時に一緒にやらせてもらお。
馬鹿の定義がいまいちよくわかんない。

赤点取ってりゃ馬鹿だけどさ

平均点は馬鹿に入るのか?

入らんな。平均程度取ってりゃいいんだし。

私もそろそろ寝たい

でもやること大量だ。

バレー日誌書いたり

教えるためのノート取りだったり

楽しいからまぁいいんだけどね

疲れるけど。
最近色々とあります故、

少しの期間だけフォロワー限定にさせていただきます。

この騒動が終わりましたら、鍵掛けも解除させて頂きます。

ウェブでの閲覧していただいている皆様、

申し訳ございません。

プリ小説オーディオドラマ