無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

倒れました
今日はなんと、、、、、














女の子なら体験したことがあるだろう。









そう、女の子の日です。
やばい、腹クソ痛いわ。










今日やばいかもしれん。でも、迷惑掛けられんし、行くしかない、
レッスン室
あなた
「おはよーございます」
SnowMan
「あ、おはよー」
く〜、痛い、痛いけど、我慢。




女優魂。女優魂。
目黒
「あなたちゃんどうしたんすか?」
あなた
「え!!⤴︎︎」
SnowMan
「あははははw」
あなた
「/////」
びっくりしてこえ裏返っちゃったァ、
あなた
「で?何?」
目黒
「体調悪いんすか?(コソッ」
あなた
「なんで?(コソッ」
目黒
「顔色悪いから、、、(コソッ」
あなた
「大丈夫( *´꒳`* )心配しないで(コソッ」
目黒
「無理しないでくださいね(コソッ」
いやいやいやいや、全然大丈夫じゃないの!!

くっそ痛いのぉ、

てか、めめ凄いわァ、
レッスン中
っ、

痛い、痛いけど、我慢。、、

トンッ(足に突っかかる
あ、やば、
あぁ、ダメだ、
バタッ
SnowMan
「あなた?!/あなたちゃん?!」
振付師さん
「今日はもう終わりでいい。あなたを見てやれ。」
SnowMan
「はいっ!」
目黒
「お、俺が、あなたちゃんを止めてれば、、」

「目黒のせいじゃないよ。」
数時間後
あなた
「ん、う、」
あなた
「あ、あれ?」
向井
「あなたちゃーん(泣)(ギュ」
あなた
「へ?!」
ラウール
「良かったー(泣)(ギュ」
あなた
「え?あれ?私、、」
深澤
「倒れたんだよ。お前。」
あなた
「え、嘘、」
阿部
「なんで言ってくれなかったの?」
あ、
阿部ちゃん怒だ。
あなた
「な、何が?」
阿部
「なんで誤魔化すの?」
あなた
「ごめんなさい。」
宮舘
「俺らはね、謝って欲しいんじゃないの。」
あなた
「うん、」
渡辺
「これからは、ちゃんと言って?」
あなた
「でも、迷惑掛かるs」

「俺らさ、メンバーなんだから迷惑なんていっぱい掛けていいんだよ?仲間なんて迷惑掛けるもの、いい?俺らメンバーなんだから。」
あなた
「うん(泣)」
佐久間
「も〜!泣かないでっ!」
あなた
「ありがとう(泣)」
佐久間
「(ギュ
あなたと同じメンバーでよかった♡」
あなた
「私もっ」
こんな感じで平和に終わりましたー
めめラウこじ
「俺ら/僕
あんまり出てなくね?!」



まぁまぁw









あざとい雪男❄️️💚さんリクエストありがとうございます!