第14話

14.おっかけ人との鉢合わせ。
2,419
2024/01/01 14:14
~らんside~


家に帰り、夕食の準備をする。

えーっと、リゾット…


…あ、リゾットの材料買うの忘れた……!!

最悪…走って買ってくるか~


そう考え、家を急いで出る。


今買いに行ったらいるまさんたち帰ってきちゃうかも…と途中で気付くが、本当に家に食べ物がないのだからしょうがない。


…一応出る際、置手紙を書いたから大丈夫だろう。


そう考えていたら、あっという間にスーパーについた。

らん
…えーっと、リゾットの材料は…

そうして、俺は何も考えずに材料を買い始めた。



~いるまside~

ようやく家が見えてきた。

なつ
あー、らんの夕食楽しみ~
いるま
あいつ料理ほんと上手いからな~
こさめ
(らん…?女の子?やっぱ彼女さん…!?)
いるま
…?(クルッ)
こさめ
ビグッ!(サッ。)
なにか視線を感じて後ろを向いたが、誰もいない。


…まさか、不審者?

いや俺らもういい歳した男二人だぞ?


…一応、速足で帰るか。

いるま
…なつ、早く帰るぞ。(ボソッ)
なつ
…は?なんで?
いるま
いいから。……誰かつけてきている可能性がある。速足でいくぞ。(ボソッ)
なつ
っ!…ああ、わかった。
真剣な目で言うと、なつもすぐ承諾してくれた。


その瞬間に、足を速めて家へ急ぐ。

いるま
タッタッタッ
なつ
タッタッタッ
こさめ
(え、ちょ、はや…!?)ダッ!

慌てて追いついてこようとする足音が聞こえるが、幸いなことにあまり足は速くないらしい。

これなら引き離すことができそうだ。


…家に不審者連れ込んで、らんを怖がらせたくないからな。


いるま
……よし、もういないな。
なつ
まじ?よかった…


…そういや視線にしては、慣れた感じだった気がするな。



……気のせいか。帰ろ。


そう考え、ドアに鍵をまわす。


…ガチャ。

いるま
らん、ただいま~
なつ
帰ってきたぞー!夕飯なに…
シーーーン…


いるま&なつ
……え?

家には何も気配がない。


…まさか、さっきの不審者が…!?

なつ
っ…!探して来る!
いるま
ああ、俺もいく…!

そう言って、俺らは慌てて家を出て行った。




~らんside~


らん
やーばーいー!!

どうもまたやってきましたね!らんです!!


俺は今もうスピードで走っています!

理由?


…スーパーでのんびりしすぎた!!


最悪…まさかセール中だったなんて!

そのせいで荷物も重く、思ったように速く走れない。


うー、もういるまさんたちが帰ってきちゃう…

夕飯もまだ作れてないのに…申し訳なさすぎる……



ようやく家路が見えてきた…そのとき。

らん
はぁ、はぁ……あれ?

家付近でうろうろとしている一つの影。


一瞬怪しい人かと思ったが、何か酷いことを企んでいるようには到底見えない。

なんならおろおろと困っているようにも見える。

…迷子かな?


時間がないが、困っているなら助ける他ない。

らん
あのー…どうされました?
こさめ
っ…!あ、え、えと、なんでもなく、いやなんでもないことではないんだけど!!
こさめ
なつくんの家ってどこか知ってますか!?
こさめ
あ、えと、赤髪と紫髪のイケメン兄弟のお家を探してるんですけど!
らん
…なつくん…?それに兄弟って……

まさか…

らん
…なつさんと、いるまさんのこと、ですか?
こさめ
……え、何で知って…まさか……


こさめ
君がなつくんの彼女ぉ!!???


らん
……はい!!?




プリ小説オーディオドラマ