無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

〜彼氏たちの悩み5〜
〜甘えた系彼氏の悩み〜









俺、阿多龍太郎には可愛い可愛い可愛い可愛い彼女がいる。




まぁ、俺の悩みなんて楓以外にない。




その悩みは
阿多龍太郎
阿多龍太郎
楓が俺を嫉妬ばっかりさせる。
土橋楓
土橋楓
はぁ?そんなの知らないし!龍が女子にまで嫉妬してるだけじゃん!
阿多龍太郎
阿多龍太郎
そりゃ、そこはやりすぎって俺も思うけど、楓が可愛すぎるのが悪い!!
土橋楓
土橋楓
意味わかんないから!!
今は楓の家に来て、ベッドに座る楓のお腹に顔を埋めている状態。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
楓、顔真っ赤。
土橋楓
土橋楓
なっ!!
ほら、可愛い。だから離したくなくなる。




てか、離してやらない。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
ねぇ、楓
土橋楓
土橋楓
んー?
俺の頭をなでながらスマホを見る楓に、軽くキスをしてから
阿多龍太郎
阿多龍太郎
ずっと大好き。
って言った。









〜甘えた系彼氏の悩みEND〜