無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

健人くんと…♥
わたしは、王子様みいなアイドルの中島健人くんと付き合っています♡





お風呂もご飯食べるのも寝る時も一緒




でも唯一、一緒じゃないのは健人がドラマを見ているとき




健人はドラマをみると、自分の世界に入っちゃうから

話しかけても全然聞いてくれない。

むしろ、 静かにして の一点張り 。







悲しいよ。












いつもは、我慢しているけど、我慢の限界。














あなた「ねぇ、けんとー」

健人「んー、」

あなた「かまってー」

健人「今、忙しい」

あなた「ドラマ見てるだけじゃん」




わたしは、健人の腰に腕をまわした




健人「なに、どした?」

あなた「健人が構ってくれないから。」

健人「やばい。かわいすぎる。」
「ドラマに集中出来ないよ」


いつの間にか健人と向かい合わせになっていた




健人「ふは 、 あなた顔真っ赤だよ」

あなた「びっくりして」

健人「何してほしいの〜あなたちゃん♡」

あなた「その呼び方やめて」

健人「構ってほしんでしょ~~♡」

あなた「そーゆーのじゃないもん。」

健人「ん〜じゃあ、健人くんわかんないな~笑笑」

あなた「じゃあ、いいです。」


と、あたしは、反対を向いてすねるような態度をとった。



だって、ほんとにすねてるもん。

すると


健人「 カプッ 」

あなた「ひゃあ ッ」

健人「ふは」

あなた「なにしたの 」

健人「あなた って耳よわいんだな~~」


と、何かを企んでいるかのような笑を浮かべる健人


あなた「わたしの質問に答えてよ!」


健人「チュッ」


わたしのしつもんに応えようとしたい健人


あなた「////」

健人「すぐ、かおあかくなるのかわいい」

また、キスをしてくる健人

でも、今度は長くて深いキス



長くて息できなくて 健人をトントン叩いても全然辞めようとしなくて



逆にどんどん深くなっていく。






あなた「も、健人ながいよ 、はぁはぁ 」

健人「あなたがかわいすぎて つい笑笑」









「今日の夜は、もっとかまっとあげるから」







この言葉の通り







夜は あま〜い あまい 夜になりました ♥

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

菊池 萃香
菊池 萃香
🌷自己紹介🌷 ○名前○ 菊池 なつき ○学年○ JK 2 🌸 ○すき○ きくち ふうま 裙 (( セクシーゾーン 🥀 きし ゆうた 裙 ((キング & プリンス 👑 TWICE 🍭
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る