無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

☘️
ーテヒョンsideー





あいつのダンスはホビヒョンの言うとおり、


ジンヒョンやナムジュニヒョンより上手かった。










でも僕はまだ認められないんだ。…というか、


まだ、わからないんだ。





ジョングク
ジョングク
テヒョニヒョンは?





今まで近づいてきた女はみんなarmyだった。



それがあたりまえだった。



だから僕たちは自分たちしか信じられなかった。
















next.