第41話

end
747
2020/09/08 14:10



ゆきと2人で電車に揺られて昨日の結果を見に行く



怖いよ


正直


だって自分の数字見つけられなかったら今までなんのために頑張ってきたんだろうって


そう思っちゃいそうだし





翔吾先生に早く合格しました!って言いたい

そっか。よかったね

そんな素っ気ない返事だったとしても









また翔吾先生に会いたい






ゆき



横に座ってるあなたの手は震えてる




それは合格の話でなのか違う別の話なのか。

だいたい察しは着くけど言わないでおくね



あなた。

2人でちゃんと自分達の数見つけよう?








そしたら今度は翔吾先生をみつけよう







私も手伝うからさ
















翔吾先生
みきにお願いがあるんだ




俺がなんで先生になったのか


俺に大切な先生がいたこと


俺は俺が好きになった人を幸せにしてあげたい







その話をあなたちゃんにしてほしいってそう頼んだ




1週間前。遅かったとは思う

だけどちゃんと向き合うって決めたから






今度こそ離さないって決めたから









だから


























俺には見届ける義務がある















ちょっと行くのが遅れちゃったせいで人はもう疎ら

私の番号の次がゆきの番号

テスト中もゆきが後ろにいてくれたのはすごく心強かった









ちょっと行くのが遅れちゃったせいで人はもう疎ら

私の番号の次がゆきの番号

テスト中もゆきが後ろにいてくれたのはすごく心強かった






何も話さないお互い





だけどちゃんと大丈夫だよきっとってそう言ってくれる思っててくれる

それが分かるのってやっぱり友達だからだよね














自分の近い番号になればなるほど怖くなって




あるかな…大丈夫かな…


そう思って





だけど











あなた
あ…あった…
あなた
あったよ!ゆき!
あなた
ゆき…?







そこにもうゆきの姿はなくて


代わりに


💬2人で行けるね
💬私の出る幕はとりあえずないみたいだから2人でゆっくり話なね




















意味が分からないでいたのもほんの少しの間だけ







慌てて後ろを振り返った








あなた
翔吾先生!!
翔吾先生
おめでとう




私たちの間にあるたった5mがもどかしくて




そのまま翔吾先生の腕の中




よかった…

ちゃんと受け止めて貰えた

避けられなかった













翔吾先生
急に居なくなっちゃってごめん
翔吾先生
もう絶対1人にしないから
翔吾先生
だから





















だから






翔吾先生
生徒じゃなくて俺の彼女になって下さい
翔吾先生
あなた







end______________


次作者からの大事なお知らせ

プリ小説オーディオドラマ