無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

36
ガチャ🚪
サラダ
サラダ
ただいま
サスケ
サスケ
ただいま
レン
レン
お邪魔します
さくら
さくら
ええ、そうなのよ笑
サラダ
サラダ
ママ誰かと話してるのかな
レン
レン
(この声って...)
さくら
さくら
あっ、帰ってきたみたいよ
レン
レン
お母さん!
神門 零
神門 零
おかえり、レン
パソコンでビデオ通話をしてるサクラと零
さくら
さくら
あなた達が出たあと、レンから電話がかかってきたの
神門 零
神門 零
ナルトから今日はサクラのとこに泊まってるって聞いてな
神門 零
神門 零
稽古はどうだった?
レン
レン
凄い、為になった
神門 零
神門 零
そう(ニコッ)
さくら
さくら
2人ともお風呂で汗流して来なさい
サラダ
サラダ
はーい
神門 零
神門 零
じゃあレンいい子にね
レン
レン
うん!
さくら
さくら
サスケくんお疲れ様
サスケ
サスケ
あぁ、
神門 零
神門 零
娘の相手をしてくれてありがとう、礼を言うよ
サスケ
サスケ
別に構わない
神門 零
神門 零
どうだった?
サスケ
サスケ
幼い頃のお前そっくりだ、
サスケ
サスケ
術の印も早い、洞察眼はキリト譲りだろうな
神門 零
神門 零
へぇ
サスケ
サスケ
あの目を見るとお前と戦った時の緊張感が走る
神門 零
神門 零
!...
神門 零
神門 零
ははっ
神門 零
神門 零
お前は私にぼろ負けだったもんな
サスケ
サスケ
...あぁ、そうだった
神門 零
神門 零
随分と素直になったもんだ
神門 零
神門 零
まぁ、昔のことは置いといて
神門 零
神門 零
娘をよろしく頼むよ
さくら
さくら
ええ、任せて
さくら
さくら
そういえばキリトは...?
神門 零
神門 零
まだ仕事...でももうすぐ帰ってくるかな
さくら
さくら
キリトにもレンに会わせてあげれば良かったのに
神門 零
神門 零
そうすると面倒臭いことになるんだよ
さくら
さくら
娘にメロメロだもんね笑
ガチャ🚪
キリト
キリト
零〜!ただいま
神門 零
神門 零
あっ...
パソンコに写った画面を見る
キリト
キリト
ん?...サクラとサスケ!?
キリト
キリト
どうして!?
神門 零
神門 零
じゃあサクラ、また今度ゆっくり話そう
さくら
さくら
そうね笑
神門 零
神門 零
それじゃあ
キリト
キリト
えっ!ちょっまっ
プツン
サラダ
サラダ
ふぅ、気持ち良かった
レン
レン
お父さんの声がしたような...
さくら
さくら
気のせいよ笑
さくら
さくら
さぁ、ご飯にしましょう
ご飯を食べ


サクラの部屋でベッドについている
サラダ
サラダ
敷布団で大丈夫?体痛くない?
レン
レン
うん、大丈夫だよ
レン
レン
サクラ、ごめんね
レン
レン
せっかくの親子の時間だったのに
サラダ
サラダ
ううん!
サラダ
サラダ
レンとこうやってお泊まりが出来て嬉しい
レン
レン
!私も(ニコッ)
サラダ
サラダ
明日ももう早いから寝よっか
レン
レン
うん
サラダ
サラダ
おやすみ
レン
レン
おやすみ、サラダ
朝☀️🌱
レン
レン
おはようございます
さくら
さくら
おはよう、レン
さくら
さくら
サラダは?
レン
レン
もう来ると思います
さくら
さくら
そう、ご飯もうできるから待っててね
レン
レン
ありがとうございます(ニコッ)
さくら
さくら
(寝起きであんなに綺麗なのね、さすが零とキリトの子供だわ)
サラダ
サラダ
ママおはよう
さくら
さくら
おはようサラダ
サラダ
サラダ
パパは、もう行った?
さくら
さくら
ええ、早朝に出てったわよ
さくら
さくら
さぁ、2人とも食べましょう
サラダ
サラダ
いただきます
レン
レン
いただきます
-----------------
玄関
さくら
さくら
それじゃあ行ってらっしゃい
レン
レン
急でしたのに泊まらせて頂いては本当にありがとうございました
さくら
さくら
いいのよ、こっちも賑やかで楽しかったわ
さくら
さくら
またいつでも来て
レン
レン
はい!
サラダ
サラダ
ママ行ってくるね
さくら
さくら
うん、気をつけて