第4話

命がけパトロール①
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
バンッ!バンッ!(銃を撃つ音)
与野路アズサ
与野路アズサ
いや…今日も多いね〜
白雲ツルギ
白雲ツルギ
呆れますよね
ツバキ、アズサ、ツルギは朝のパトロールにでかけていた。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
そういえばツバキさん、右目も怪我したんですか?
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
あ、いやこれは結構前。まだ傷があるから隠しているの。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
あ、そうなんですか。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
ツルギ君の左目は?
白雲ツルギ
白雲ツルギ
僕も同じです。傷…ではないんですか見せたくないので。
与野路アズサ
与野路アズサ
何?二人して厨二病風?
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
違うわ。
悪魔
悪魔
グルルル…
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
あ…話してる間に囲まれたわ。
与野路アズサ
与野路アズサ
ピ〜ンチ!
白雲ツルギ
白雲ツルギ
あ、僕に任せてください
ツルギは銃を構えて飛び出した
与野路アズサ
与野路アズサ
えっちょっ、危ないっ!
ツルギは悪魔に近づくと一気に引き金を引いた。「バンッ!バンッ!」見事に命中。
悪魔
悪魔
ギャアアア…!
与野路アズサ
与野路アズサ
わぉ…
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
流石ね。尊敬するわ。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
このくらい僕じゃなくても出来ますよ。
与野路アズサ
与野路アズサ
いや、出来ないって!
ピロリンッ♪3人のメールが鳴った。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
ん…?は?また赤い悪魔?
与野路アズサ
与野路アズサ
2日連続はないって〜!
白雲ツルギ
白雲ツルギ
渋谷ですか…ここから近いですね。今すぐ向かいましょう。
3人は折りたたみドローンを取り出して広げるとその上に乗った。
与野路アズサ
与野路アズサ
渋谷まで!
ドローンは声を聞き取るとふわりと浮き上がり渋谷のある方角に進んでいった。
与野路アズサ
与野路アズサ
お…あれじゃね?
赤い悪魔
赤い悪魔
ギャアアア…!!!
女の子
女の子
きゃあ!助けて〜!
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
大変!女の子が襲われてる。
与野路アズサ
与野路アズサ
私に任せて!
ガチャリ…バンッ!
アズサの銃は縦に長細くスコープ型になっているので遠くの敵にも当たりやすい。一方ツバキとツルギは小さくよく見るものだが、スコープに比べて攻撃力が高く当たれば結構なダメージを与えることが出来る。銃にも様々な種類があるのだ。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
流石スコープ。よし、降りるわよ。
3人は少し高いところから飛び降りすぐさま悪魔に向かって駆け出した。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
赤い悪魔君、その子から離れて?
赤い悪魔
赤い悪魔
ギャア!
女の子
女の子
うう…
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
バンッ!バンッ!
赤い悪魔
赤い悪魔
グギャッ…
 ドサッ…
赤い悪魔はその場に倒れた。
与野路アズサ
与野路アズサ
お嬢さん大丈夫?
女の子
女の子
うん…。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
ご家族は?
女の子
女の子
お父さんがいるの…何処行ったの?
与野路アズサ
与野路アズサ
…。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
…。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
…。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
きっと何処かにいるわ。さぁこっちへ来て
女の子はツバキのドローンに乗り、四人は基地へと向かった。

基地というのは悪魔殺滅団の本拠地である。団員はそこに寝泊まりし、保護された人もそこで過ごす。
基地は2020年でいう国会議事堂だ。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
さぁついたよ。
女の子
女の子
ここどこ?
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
安全なところよ。ここだったら悪魔は来ない。
与野路アズサ
与野路アズサ
ボスのところへ連れて行こう。
女の子
女の子
ぼす?
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
ええ。私達のリーダーいい人よ。
とっても強いの。
光掛スグル(ボス)
光掛スグル(ボス)
やぁ。
与野路アズサ
与野路アズサ
ボス!?
光掛スグル(ボス)
光掛スグル(ボス)
お疲れ様。君、名前は?
魚野ミキ
魚野ミキ
魚野ミキ…
光掛スグル(ボス)
光掛スグル(ボス)
ミキちゃんか…いい名前だね。
魚野ミキ
魚野ミキ
私これからどうなるの?
光掛スグル(ボス)
光掛スグル(ボス)
君はしばらくここで暮らす。大丈夫お友達も沢山いるし、ここは優しい人ばかりだから。
魚野ミキ
魚野ミキ
お父さんは?
光掛スグル(ボス)
光掛スグル(ボス)
…。
君がいい子にしてたら必ず迎えに来てくれるよ。
魚野ミキ
魚野ミキ
分かった!私いい子にしてる!
光掛スグル(ボス)
光掛スグル(ボス)
3人ともありがとう。ミキちゃんは預かるよパトロールに戻ってくれ。
与野路アズサ
与野路アズサ
はい。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
はい。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
了解しました。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
ミキちゃんまたね。いい子にしてるんだよ。
魚野ミキ
魚野ミキ
うん…バイバイ。
ツバキたちはパトロールに戻った。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
罪なき人を傷つけるなんて許せない…!
与野路アズサ
与野路アズサ
ホントそれっ…!ミキちゃんかわいそすぎる!
白雲ツルギ
白雲ツルギ
早く悪魔を全滅させなけれは…
ツバキ、アズサ、ツルギはドローンの上で静かに街を見下ろした。
与野路アズサ
与野路アズサ
悪魔がいなかったら今頃どうなってたのかな
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
さぁ。そもそも悪魔のいない東京なんてイメージがわかないわ。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
そんなの…
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
白雲ツルギ
白雲ツルギ
そんなの自分たちで確かめればいい。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
…ツルギ君
与野路アズサ
与野路アズサ
そうだよ!さっさと滅びろ〜!
ほら、ツバキも!
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
ふふ…。そうね。頑張りましょう。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
悪魔のいない東京を目指して
-----続く-----





………………キリトリ✂………………
はちみつ🍯(作者)
はちみつ🍯(作者)
こんにちは〜!作者です!
読んでくれてありがとうございます!
なんだかんだで次回は第5話です!
実は第5話が公開されたらこの昨品をチャレンジに出したいと思っています!
皆さん気軽にフォローコメントよろしくね♪
はちみつ🍯(作者)
はちみつ🍯(作者)
それじゃ!まったね〜♪