無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

Ep.4
授業中の小テストの時間、
問題を最後まで解き終わった私は残りの5分間机に伏せて寝ていた。
阿部
阿部
残り時間5分だよ〜ぉ。


皆に聞こえるように教室の端から叫んでいる。

私の席の横をすーっと通ると金木犀の香りがした。

香水を変えたのか柔軟剤を変えたのか…並木道を歩いて来たのか…

その香りに気づいたのは私だけではなかった。


クラスの女子が「あれ?先生いつもよりいい匂いだね!」なんて言うと

阿部
阿部
こらー、テスト中だぞ!

って口を尖らせて怒る。

結局正解はわからなかったけどこんなに可愛く怒られたら正解なんてどうでも良い。

恐らくそれは発言した女子も一緒の気持ちで…
みんなから人気物な阿部先生。

私には到底関わることが出来ない存在…。





…だと思っていたのに
2年のクラス替えで私の運命は大きく変わった。