無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🔆
1,086
2020/09/06 10:42
救護室(実際にあるかは分かりません!)





あなた side





ッッ...足いったっ...これほんとに捻っただけ?



なんか腫れてる気がするんだけど



とりあえず湿布貼っとこ



コンコン ラウ「あなたちゃんいる?」



『いえす』



ラウ「入るね〜」ガチャ



『どうしたのラウちゃn...あべちゃんも』





え?絵?エ?ゑ?どうしてあべちゃんがいるんだい?



阿部「あなた...足、大丈夫?」



『え?...あぁ!まぁなんとか!』



阿部「...そっか、よかった」



『えっと、そのー...私に何か用事?』





何か言われそう...嫌だな










阿部「あなた...ごめん!!!!」










...えっ





『んぇえっ!どうしたあべちゃん頭打った?大丈夫?()』



阿部「...百合ちゃんの件で一瞬でもあなたを疑ったこと、謝りに来た」



あー...あいつのやつか



阿部「何かあったら言って(※第4話)って言ったのはおれなのに、逆に言いづらい感じにしてたと思う、」





『...確かに、何もしてないことを疑われて裏切り者扱いされて、すごく悲しかった。10年以上も一緒に活動してきたのになんで信じてくれないの?って思ったりもした』



阿部「ッ...」



『でも私知ってるよ??みんなが私に悪口言っててもあべちゃんだけ何にも言わなかったよね...あと...』










『さっくんにぶつかられたとき助けようとしてくれたことも』










阿部「っ!...気づいてたんだ...おれ情けないよな...w」



『情けなくなんかないよ、こうやって勇気出して謝ってくれて、信じてくれて嬉しい。』



『ありがとう😊』



ラウール「ほらね、阿部くん。あなたちゃんなら許してくれるって言ったでしょ!!」



阿部「あなたっ...グスッありがとう...泣」



『ちょっ...もう、泣き止んでw』





あべちゃんが味方になってくれたぁぁぁ



うれぴよッッッ!!!





next