第57話

56
214
2023/12/16 09:00
それから月日は流れ…

相変わらず淳太くんとは仲良くしてる。

ヤキモチ焼きで甘々なのは何年経っても変わらない。
淳太くんは頭のいい大学を卒業して、一流商社マンになった。

私は短大を卒業して、幼稚園の先生になった。

同じ年に就職して、お互い忙しいけど充実してた。

仕事も慣れて、楽しくなってきた。

就職して4年。

私は24歳になった。
最近とっても調子が悪い。

心当たりはある。

生理が遅れてる。

これはもしやと思ってドラッグストアで検査薬を買った。
あなた
はぁ…。
ちゃんとしてたはずなのに。

こんな予定じゃなかった。

できれば結婚式をあげて、2人でしばらく過ごしてから子どもがほしいって考えてた。

だいぶ人生設計が狂う。

淳太くんは期待されてるのかわからないけど、かなりの頻度で海外出張に行っている。

仕事に集中したいだろうな。
覚悟を決めて、検査薬を使ってみた。

結果は…
あなた
陽性…どうしよう…
産まない選択肢はない。

淳太くんとの子どもなら尚更。

まずどう伝えるか。

淳太くんが日本に戻るのは1週間後。

それまでにすること…病院だな。

近くの産婦人科を検索してみる。

…駅前の総合病院の中にあるみたい。
あなた
…よし、行くか。
次の日、休みをもらって病院に行った。

総合病院なだけあって、人で溢れている。

これは待ちそうだ。
初診受付をすませて、産婦人科があるフロアへ。

たくさんのママさんたちが嬉しそうに待っている。

…神秘的なエリアだな。
こたき
あれ?あなたちゃんやない?
後ろから急に声をかけられた。
あなた
え?のんちゃん?
ずっと付き合ってた彼女と大学を卒業してすぐ結婚した。

奥さん大好きなのんちゃん。
こたき
ここにおるってことは…おめでた?
あなた
んー、どうやろ。今日初診。検査薬は陽性やったよ?
こたき
ならおめでたやんか!よかったな!
あなた
うん、ありがと。
こたき
…あれ、結婚した?
あなた
まだしてへんよ。
こたき
授かり婚か。でも付き合って長いしな。
あなた
そやね。
こたき
ほなな!
のんちゃんはお腹の大きな奥さんと一緒に帰って行った。

正直羨ましいと思った。

私もあんな風になれるかな。

なりたいな。

プリ小説オーディオドラマ