第58話

57
197
2023/12/17 09:00
診察室に入り、先生とのヒアリング後、独特な椅子に座らされ内診を受けた。

救いだったのは先生が女性だったこと。

いろいろ初体験な診察。

いろんな意味でドキドキしてた。
先生からエコー写真をもらった。

6週目だって。

まだすごく小さい。

でも私の中で生きてるんだ。
また来週来てくださいと言われ、予約を入れた。

そして、妊娠届をもらい、母子手帳をもらってきて下さいと言われた。

このあと予定ないし、市役所行こうかな。
病院を出ようとしたときに、淳太くんから電話がかかってきた。

なんてタイミングだ。
あなた
もしもし?
なかま
『もしもし?昼休みちゃうかなって電話したんやけど、今大丈夫?』
あなた
うん、大丈夫。今日仕事休んだの。
なかま
『は?え?具合悪いんか?』
あなた
大丈夫やって。有休使わな。
なかま
『そうゆうこと?仕事巻きで終わらしたから今日帰るな。今成田やねんけど、そっちに夕方着くと思うから家行ってええ?』
あなた
うん、いいよ。待ってる。
なかま
『…やっぱり元気ないで?何かあったん?』
あなた
うん。大丈夫。心配してくれてありがと。
なかま
『あとさ、話あんねん。』
あなた
何の話?
なかま
『それはあとでな。』
あなた
…私も…話…ある。
なかま
『は?何の?』
あなた
…あとで。
なかま
『…おん。』
あなた
気をつけて帰ってきてね?
なかま
『…おん。じゃあ』
電話を切って、小さいため息をついた。

その足で市役所に行き、母子手帳をもらった。

妊娠したっていうのをさらに強く感じた。


それから家に帰った。

すごく眠い。

淳太くん来るまで少し寝よう。

そう思ってベッドに横になった。

目を覚ましたら、辺りはもう暗くなっていた。

…なんか音が聞こえる。

起き上がって立とうとしたけど、すごいめまいがして動けなかった。
なかま
起きた?
あなた
…淳太くん?
なかま
ほんまは具合悪かったんやろ?電話しても出えへんし、家に着いたら寝とるし。
あなた
…ごめん。
なかま
今はどう?
あなた
…気持ち悪くてめまいする。
なかま
病院は行ったん?
あなた
行った。
なかま
薬とかもらってへんの?
あなた
もらってない。
なかま
は?行ったんやろ?
あなた
…淳太くん、話ある。大事な話。
私の雰囲気に不安そうな顔する淳太くん。

…どんな反応するんだろう。

プリ小説オーディオドラマ