無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

#5
955
2018/03/27 13:37
先輩が、わたしをすき?
あ、そういえば!
★ステッチ★
★ステッチ★
先輩、
広瀬すずちゃんのことタイプっていってましたよね?
新田 真剣祐
新田 真剣祐
あれ、そこまで知られてんの?(^ー^;A
★ステッチ★
★ステッチ★
ネットでみました
新田 真剣祐
新田 真剣祐
あれちがうのになぁ、、
そういう意味でいった訳じゃないよ
すずちゃんはかわいいと思うけど、俺はあなたが好きなんだ
山田涼介
山田涼介
(あれ、あなた俺たちのステージ見てない?)
するとなぜか、歌に力が込められてしまって、がむしゃらに歌ってる感覚があった
知念侑李
‥‥
バシッ
せなかを誰かに叩かれる
後ろをみると知念がマイクを掴んでファンたちに聞こえないように
知念侑李
なにしてんの?ステージ集中して
山田涼介
山田涼介
あ、ごめ、
知念侑李
ほら、そろそろソロだよ
山田涼介
山田涼介
あ、おう
俺は歌った
あなたに届くように
天野 雪
天野 雪
あ、あなた!!
涼介くんなんか、!
あなた

え?

天野 雪
天野 雪
なんか、あなたにどとけてるみたいにこっちみて歌ってるよ
あなた

えっ?

山田涼介
山田涼介
(届け、届け、あなたに!)
あなた

りょ、うすけ?

ホッ

やっと、こっち向いてくれたよ

俺はニコッとあなたにほほえむ
あなた

!!‥
ばかじゃないの‥

その時、なぜかキス、されたことを思いだしドキドキしてしまう
バカ兄
ばか涼介



"好きだよバカ"