無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8秘密③
私達は、




1歩踏み出さなきゃ。
環奈
環奈
私から…話すね
緑
うん…
環奈
環奈
私には、












兄がいるの。
でもね…
緑
うん。
環奈
環奈
私がテニスで優勝した年に、
家出した。
親にもとめられたし、私も止めた。
でも兄は言った、
5年前
環奈
環奈
なんで兄ちゃん出ていくのよ!
急におかしいよ!
海斗
海斗
お前のせいだよ!お前ばかりチヤホヤされて、俺も期待されて!
もう苦しいんだよ!
え…













私のせい?なの…
緑
そんなことが…
環奈
環奈
うん。
緑ちゃんは…
緑
私は、











かつて、愛佳と親友だった。


環奈
環奈
愛佳って…
緑
あの仕切ってた人。
緑ちゃんは悲しそうに俯いた。
環奈
環奈
緑
私と愛佳は一緒に、ミスコンに出た。
そう、私が優勝したあの日。

2人で約束したの。
私達の秘密をさらけ出そうって
環奈
環奈
秘密とは?
緑
それは、



私の故郷、がド田舎って事。
海苔農家で、海の近くにあるって事。

今話している言葉も、表面だけで、本当はなまってるって事。
環奈
環奈
そうだったんだ。
緑
今から私は素直に生きたい。
いいよね。
佐江
佐江
もちろん
緑
私は裏切ってもたの、愛佳を。
綺麗な標準語でPR。
出身地も、出さんかった。
それに比べて、愛佳は全部さらけ出した。
皆の陰口を我慢しながら。





私は愛佳に、絶交された。
そんなん当たり前だよね。

環奈
環奈
緑ちゃん…



















はぁ…
佐江
佐江
いいよねあんたは、
佐江
佐江
私の事情を知らないで、
え…?









佐江ちゃん?
佐江
佐江
おしえて上げる。
私の秘密。
next