無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

313
2021/10/07

第15話

13
武道くんから、私はマイキーに必要な人なのだと聞いた





















なのにマイキーからはそんなものひとつも感じられなくて

















逆に鬱陶しいのではないかと、邪魔者では無いのかと
























そう思い始めてきた_________。

























❁❁❁

















稀咲あんが私を打ったあの時、












私は邪魔だから排除しようとしたのだと分かった。


















だが、何に対して邪魔なのか未だに理解できないままだ。



















12年前からその意向は変わっていない。
















何にそんなにも執着しているのか私にはまだ、理解が出来なかった。



























そんな所にある一通のメールが来た。








































そこには花垣武道と書かれていた。











































その内容を見た私は、思わず涙を流してしまった。







































❁❁❁


























夜中の3時、私はこっそりアジトを抜け出した。


















これが私の最後かもしれない。




















それでもいいから、伝えたいのだ。




















話したいのだ。

















会いたいのだ。


































稀咲あんに_________。