無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

一日が始まる
あなた
あなた
…お早うございます…お父様、お母様…
……
……チッ…
…まただ





これから一日が始まるっていのに





朝から憂鬱になりそう


そんなことを考えていると…
陸斗
陸斗
父様、母様!!おはよう御座います!!m(❁_ _)m
あら…おはよう、陸斗(*^^*)
朝から元気だな、陸斗
琉斗
琉斗
ちょ、陸斗!なんで待ってくれなかったの!!?
陸斗
陸斗
琉斗が遅いのが悪いんだァー!
紫夕
紫夕
まぁまぁ、落ち着こっか汗。おはよう御座います、父さん、母さん
紫夕か、おはよう
おはよう、紫夕
心琉
心琉
なんでだよォォオォ!!
智美
智美
ちょ、心琉!!俺の真似すんな!!
胡綸
胡綸
ʬ( ´・֊・` )ʬ草
お前達も起きていたのか、心琉
心琉
心琉
あ、はい
胡綸
胡綸
ちょ、聞いてよ、母様。心琉が朝から五月蝿いんだけど‪w
智美
智美
いや、お前も五月蝿いだろ
どっちもどっちよ(*^^*)






私に会話にはいるところなんてない







そんな隙間ないんだ
あなた
あなた
…部屋戻ろ…(ボソッ)



私は、リビングを後にした





何時間か自分の部屋に戻ったあと





少し家にあるスケート場で練習でもしようかと思って自分の部屋をあとにした





そしたら…
紫夕
紫夕
…あなた、何でここにいるの
あなた
あなた
…紫夕兄様…。何でって…
紫夕
紫夕
さっきまで部屋にいたのにさ、どうせなら閉じこもってればよかったのに
あなた
あなた
ツ…そんなの…紫夕兄様には関係ないじゃん!!
あなた
あなた
もうこんな時間が無駄!!
バタバタ!!




……あーあ






…また紫夕兄様、陸斗兄様達にチクるよ…





そして、虐められる





その繰り返しだ
あなた
あなた
…練習しよ…
私は、スケート靴を履き、りんねの練習姿に変わった






りんね
りんね
スターダストシャワー!!
りんね
りんね
ゴールデンスターマジック!!
りんね
りんね
はばたき!レインボーテール!!
スタン
りんね
りんね
ふぅ……できた……
陸斗
陸斗
…何してんの…今から俺らが使うんだけど…
あなた
あなた
…陸斗兄様…と琉斗兄様…
琉斗
琉斗
退いて、あなた
あなた
あなた
…でも、練習しないと!!
陸斗
陸斗
僕らよりも出来ないんだから練習しても意味無い
琉斗
琉斗
あなたは、僕らよりも下の存在なんですからね
あなた
あなた
そんなのどうでもいい!!
胡綸
胡綸
ちょっと失礼してもらうわー、じゃあさ駆け引きしたい?
あなた
あなた
…え?
胡綸
胡綸
もしも今度ある…財閥のお茶会…みたいな所でどちらが上手か対決…とか
あなた
あなた
…それでもし、勝ったらどうなるの…
胡綸
胡綸
うーん、まぁ…勝ったら…相手の言う通りにする。でも負けたら…この家から出ていく…とかでいいでしょ!
琉斗
琉斗
賛成です!
陸斗
陸斗
ころちゃんにしては、いい事考えるね!
胡綸
胡綸
あ、あと追加でさ、あなたどうせプリズムジャンプ飛べないでしょ‪w…だから、
胡綸
胡綸
"5連続"プリズムジャンプを飛ぶ…そして僕らは苦手な分野の曲を歌うとかでいいね
あなた
あなた
…分かった…受けて立つ…
陸斗
陸斗
まぁ、どうせ無理だろうけど
あなた
あなた
そんなの分かるわけないじゃない!!
琉斗
琉斗
ま、頑張ってくださいね。紫夕兄さん達には言っておきますから
あなた
あなた
ッ…
なんでこうなったの…