無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,775
2021/07/21

第5話





"今からヌナを襲っていい?"





グクはそう私に聞きながら





どんどんと私を壁に追いつめた

u
u
ちょっ、グクやめてよ〜


私はそう言いながらケラケラ笑っていると、、、


ドン


グクが壁ドンをしてきた。

u
u
へっ!?


私は突然のことすぎてびっくりしていたら、、、


グクが唇に少し触れるぐらいのキスを私に落とした。

u
u
えっ!?グク!?
JK
JK
ごめん、ヌナが可愛くてつい
u
u
グク、、、////


私がそう言うとグクが目線を合わせてきたから


私はさらに照れてしまった。

JK
JK
ヌナ、もう俺止められそうにない
u
u
えっ!?


それから私はグクに襲われ、




甘くて激しい夜を過ごしました。



NEXT

ハートお願いします🙇‍♀️