無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

レンタル彼女






















道枝「 この人、大吾くんが言ってたチラシの人です! 」



大橋「 …チラシ? そんな話してたっけ 」



西畑「 あ!なんやっけ、レンタル彼女? 」



道枝「 そうです!流星くんと大吾くんが話してたんでちょっと調べてみたらこの子が一番上に出てきて… 」


































































ほら!



と言わんばかりにスマホをみんなに見せる



















































































大橋「 てことは、流星とあなたちゃんはこれで知り合ったってこと? 」



大西「 はい、 」



長尾「 …あなたちゃんって大きい会社に勤めてるんちゃうん? 」



『 どっちもやってるの、ごめん謙杜隠してたとかそういうんじゃなくて… 』



長尾「 何それ 」
















































聞いたことの無いくらい低い声で



そう呟いた言葉は



すごく怒りに満ち溢れていて

















































長尾「 …もう、あなたちゃんなんか! 」



長尾「 あなたちゃんなんか知らん!! 」



『 謙杜! 』




































































そう言ってレッスン場に入っていく



謙杜の横顔は



涙が浮かんでいるように見えた