無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

目の前に
ガチャ…

うらた「こんにちは〜!来てくれてありがとう☺️」

うらたさんと握手する…


わたし「わぁ…あの…あの…いつも放送とかLIVEとか行ってて元気もらってたり、あの、だいすきです」

うらた「ほんと…?うれしいなぁ!」

わたし「あわ…あの!聞きたいことがあって…!」

うらた「ん?なんでも聞いて?」

わたし「うらたさんの初恋って、叶いましたか?」

うらた「えっ、初恋かぁ。叶わなかった、かなw」

🗣『お時間で〜す』

ぱっと握手していた手が離れる

わたし「変な事聞いてすみませんでした…ありがとうございました…!これからもう応援してます!」

うらた「全然大丈夫…!ありがとうね〜☺️」

うらた(不思議な事聞いてくる子だったな…可愛かったし…変な子…)

私の番はあっという間に終わってリリースイベントは終了

私はうらたさん本人と話せたことが現実だと思えなくてその日はふわふわした気持ちで眠った