無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

223
2019/01/12

第16話

第15話
ジミンside
テヒョンが幸せそうな顔をして楽屋に戻ってきた
ジン
ジン
やーテヒョン、どこいってたんだ?
テヒョン
テヒョン
ちょっと、
帰ったら話します
僕はその時点で悟った
ジミン
ジミン
(あぁ、上手くいったんだ)
あなた
あなた
よーし、帰ろっか〜






到着




ヌナとバイバイし家に入る
皆がリビングでくつろいでいると
テヒョン
テヒョン
ちょっと話があるんだけど
そうテヒョンがいい、皆はテヒョンの周りに集まった
グク
グク
どーしたんですかー?
テヒョン
テヒョン
実は僕、ツウィと付き合いました
ホソク
ホソク
え?!
グク
グク
?!…
ジミン
ジミン
当然皆は驚き、そして心配そうに僕を見る
ユンギ
ユンギ
おめでとう
戸惑いながらもユンギヒョンに続き、テヒョンを祝福した
ジミン
ジミン
おめでとう、テヒョナ。
テヒョン
テヒョン
ありがとう。
ちょっと2人で話そ
ジミン
ジミン
うん
兄達に心配そうな目で見られながら僕達は部屋へ向かった
〜部屋〜
テヒョン
テヒョン
ジミナ…
ジミン
ジミン
あのね
テヒョン
テヒョン
ん?
ジミン
ジミン
テヒョナにお願いがあるんだ
テヒョン
テヒョン
なに?
ジミン
ジミン
ツウィちゃんに告白させてほしい
テヒョン
テヒョン
っ…
ジミン
ジミン
しっかり気持ち伝えて、ツウィちゃんからちゃんと振られたいんだ
テヒョン
テヒョン
ジミナ…
ジミン
ジミン
ごめんね。付き合ったのに不安にさせるようなことしちゃって
テヒョン
テヒョン
いいよ、
ジミン
ジミン
ありがとう、テヒョン
ジミン
ジミン
僕はテヒョンの幸せを願うよ☺️
テヒョン
テヒョン
ありがとう😁
ジミン
ジミン
じゃ、おやすみ!
テヒョン
テヒョン
おやすみ



自室に戻ると僕はベッドに倒れ込んだ
ジミン
ジミン
はぁ、いつ告白しようかな。
ジミン
ジミン
振られたらヌナのところ行こㅋ
そのまま僕は眠りについた