無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

322
2021/06/30

第3話

💗🎮🖤
_数週間後_
なんだか今日は京本が絡んでこない
俺は京本を呼び出した
松村北斗
松村北斗
京本?
松村北斗
松村北斗
なんかあった?
京本大我
京本大我
え?
松村北斗
松村北斗
今日元気なくね
京本大我
京本大我
そうですか?
京本大我
京本大我
別に普通だと思いますけど
松村北斗
松村北斗
そう?
京本大我
京本大我
俺、もう行きますね
京本は俺から逃げるように戻って行った
俺なんかした?





_放課後_
下校中に忘れ物に気付いて俺は学校に戻った
用を済ませて帰ろうとすると,京本が体育館の方に向かっているのが見えた
松村北斗
松村北斗
京本?
俺はなぜか京本の後をつけていた
京本が向かっていたのは体育館裏だった
俺は影に隠れて見ていた
すると、この前の男が来た
?
京本くん、待った?
京本大我
京本大我
いえ、そんなに待ってないです
京本大我
京本大我
あの、なんの用ですか?
?
あのさ、やっぱり俺と付き合ってよ
京本大我
京本大我
この前もお断りしたはずです
京本大我
京本大我
俺、好きな人いるんで
?
それって、松村先輩?
京本大我
京本大我
はい…
?
そっかー
?
じゃあ俺、勝ち目ないなー
京本大我
京本大我
じゃあ俺はこれで
?
な〜んて言うと思った?
京本大我
京本大我
え?