無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第113話

105話




今日は昨日の分の埋め合わせするために放課後遊ぶんだって☜は




そんで 今なぜか カラオケ店にいる



私はあまり歌が得意ではないためとりあえず 頼んだものを食べる専門に☜は



ぐく や てひょん の歌が始まると じうん もテンション上がって、手をフリフリしながら曲を聞いていた。




そんな時 ふと私は外の空気を吸いたいと思って部屋を出た。





すると 後ろから足音が聞こえてきて私の前でぴたっと止まる。






















🐰「よッ」



なんて言って私のところにこれば



🐰「昨日の埋め合わせとか言ってるけど みんなただ あなたと遊びたかっただけなんだって笑笑」



『そうなんだ笑笑』



🐰「ねぇ……」

















🐰「てひょんとほんとに付き合ったの?」






next