無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
664
2018/07/18

第4話

藤ヶ谷太輔③
でも〜、いつの間にかoffってて寝てた〜笑笑
あなた

めっちゃ楽しみ〜

お母さん
おはよう
あなた

おはよー

お母さん
めっちゃ楽しみなんじゃない?
あなた

もちろんだよ〜“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ

お母さん
楽しんでおいでね!
あなた

はーい!

電車、バスを乗り継いで1時間半かかるから
余裕を持って10時に家を出た
あなた

電車の中人多くない!?

あなた

みんなライブに行くのか〜

あなた

いいなぁ〜

あなた

ってうちもいまから行くんじゃん!笑笑

ずっとひとりツッコミしてた笑笑
12時
あなた

ドキドキ(゚∀゚*)(*゚∀゚)ドキドキ

早くっっっっ
あなた

えっっっっっ

ブラックホールに入ったみたいに
関係者専用ドアに吸い込まれていった
藤ヶ谷太輔
一人で来た?
あなた

もちろんです

藤ヶ谷太輔
来てくれてありがとうね!
あなた

やばい、めっちゃかっこいいですね…

藤ヶ谷太輔
ほんと?笑笑
あなた

|彡ッバタン

藤ヶ谷太輔
えっ、まって、大丈夫!?
藤ヶ谷太輔
わたー!
横尾渉
どーした、がやー?
藤ヶ谷太輔
あなたさん、倒れちゃった
横尾渉
だれ?あなたって
藤ヶ谷太輔
この子!
横尾渉
誰なん!?
藤ヶ谷太輔
こないだ話してた子だよ!
横尾渉
あー!
横尾渉
で?なんでよんだの?
藤ヶ谷太輔
見てよ!倒れちゃった…
運ぶの手伝って!
横尾渉
おっけ!
楽屋に運ぶ
横尾渉
はいはい、みんなどいてー
誰その子
めっちゃかわいくね?
藤ヶ谷太輔
黙って笑笑
なんで?どーしたん?
藤ヶ谷太輔
あー、俺だよ笑笑
あとで説明するから!
おっけ
藤ヶ谷太輔
目を覚ますまで寝かせてあげてね
おう!