無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

結果は…!?
そして、その作文を文芸部部長の元へ渡しに行った
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
失礼しまぁす
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
よく来たね
いらっしゃい
部室を開けるとすぐに、部長が立っていた
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
これです
お願いします
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
オッケー
じゃあ、合格発表はまた今度
私が美桜ちゃんの教室まで行くから待っててね
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
分かりました
よろしくお願いします
そう言って私は部室を後にした
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それから数日が経ったある日
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
美桜ちゃん!
廊下で誰かに呼び止められ、後ろを振り返ると、そこには奈子先輩がいた
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
せ、先輩!おはようございます!
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
おはよう
あの…合格発表、今でもいいかな?
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
…は、はい…
そして奈子先輩はカバンの中を探り、一枚の封筒を出した
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
この中に合格か不合格か書いてあるよ
家に帰ってから開けてね
そう言って封筒を私に手渡した
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
あ、ありがとうございます!
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
じゃあ…(ボソッ
有栖川美桜(ありすがわみお)
有栖川美桜(ありすがわみお)
有村奈子(ありむらなこ)
有村奈子(ありむらなこ)
ごめんなんでもないw
そう言って奈子先輩は歩いて行ってしまった
最後になんか言ってたんだけど…
とりあえず、早く家に帰りたいな










この日は心臓の高鳴りが激しく、その高鳴りは家に帰るまで続いた