無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

【番外】雨の音さざめくとある街。
ザーーーーーー
この日は、

雨が降っていた。
嫌気がさすほどの雨音に、


微かに霧がかかっていた。

街はとても静かだった。



そんな中に2人の声が響く。

1人は男。
コートを着ているやせ細った中年の男だ。

もう1人は幼女。
赤いフリル付きのドレスを着て元気そうに金色の髪を揺らしている。
森鴎外
森鴎外
───エリスちゃぁん、まだケーキを買うのかい?
その調子だと私の財布が空っぽになってしまうよ………
エリス
エリス
いいの!
別にリンタロウのお財布が空っぽになったって私には関係ないもの!
森鴎外
森鴎外
エリスちゃぁん………




───そんな騒がしい雨の中。


一人の少女が、

傘をさして立っている。
森鴎外
森鴎外
?あれは………
エリス
エリス
どうしたの?リンタロウ
森鴎外
森鴎外
………

男はある方向をじっと見つめている。



その先には、傘をさして立っている少女。
エリス
エリス
あら?
こんな雨の中何をしてるのかしら?
森鴎外
森鴎外
………

先程から話しかけている幼女に返事をしないまま、男は少女に向かってゆっくりと足を踏み出す。


1歩、また1歩………

男はただ少女を見つめて歩いている。



───そしてついに男が、

少女の後ろまで足を止めた時。
You
You
………

少女は振り返りざまに、
肩に乗せた傘を自身の体の前へくるりと回す。

その全ての動作が美しく、
時間さえ止まったかのように見ているものを魅了する。



───チリン。


小さく鈴の音が聞こえたかと思えば、

男の目の前に、




もう少女はいなかった───


森鴎外
森鴎外
あなた………ちゃん………
エリス
エリス
………!あなた………!?


驚く2人を置き去りに、



街には、ただしんしんと雨が降り続いていた。