無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

自分
自分
あ、あのー。
ところで局長は...。
妙
そこにいるわよ
そこで妙さんは、局長を殴った‪w
近藤勇
近藤勇
いやー、ばれちゃいましたか😂😂
妙
そりゃ分かるわ!
自分
自分
行きますよ!局長
近藤勇
近藤勇
はーい。
てか、ちょっとお腹痛くなってきた。
といれぇぇぇー
妙
うちのトイレは使わないでください!  
大江戸スーパーにでも行ってこい!
近藤勇
近藤勇
先に帰っとくぞーあなた!!
自分
自分
分かりました、😑
妙
そうだ!
卵焼き作ったんだけど食べる?
自分
自分
いえ、大丈夫です
妙
さっきのくそゴリラが少し食べてたような気もしたけど、
食べていくわよねー?
負けた
自分
自分
あ、はい!食べます食べます!
妙
どーぞ
自分
自分
(WOW)いただきマース
1時間たった頃ー
自分
自分
ん?あ、卵焼き食べて、倒れたんだ!
妙
あなた、女なの?
自分
自分
え、
ぼうぜんとした。
なんで、分かったの?
妙
倒れて、暑そうだったから上着を脱がせたら、ポケットに、女の子の必需品が、、、
しまったー
友達のですーとか言っても、完全にアウトだぞ、
どーするあなたどーするあなた
おちつけーあなた
もう言うしかないのか、?
自分
自分
あ、実は、、
信頼できると思い、話してしまった。
日頃のことを伝える人もいない。 寂しさからか
妙
そーなのね、
秘密守るわねっ!
色々困ることがあるでしょ?
いつでも来なさいよ?何かあったら
自分
自分
ありがとうございますっ!