無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12
あなたside






























あなた『駿佑ー!はよ行くで!』


















駿「ちょ、待って笑」













あなた『置いてくで?ー』




















駿「分かった分かったあと3分待ってや。」













































今から駿佑とデート行きます。( )

普通女子の方が準備遅いのに笑笑

























駿「よし!準備できたでー!」
























駿「…い、」

















あなた『ん?なんて?』
















駿「かわいい。…//」


















あなた『駿佑もかっこいいで。ニコッ』






















駿「その笑顔は反則やで。…//」

























あなた『照れてやんの。笑』





















あなた『ほら、はよ行くで。』























駿「ん、」











って言って手出してきた。












あなた『え、繋ぐん?』
















駿「え、だめ?」

















あなた『ううん。いいよ!』

























その後楽しんで帰ろうとしとったら











































高橋先輩に会ってん。
























そん時繋いどった手をすぐ離してしまった。