無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

辰山、バイト先に現れる。
バイト先のカフェ。
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
いらっしゃいませー、あっ!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
卯月、久しぶり
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
辰山、来てくれたんだ♪
元気だった?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
ああ
夏休み中だと、なかなか卯月に会えないからな
本日のブレンドコーヒーと、スモークチキンのパニーニ、貰えるかな?
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
ありがとうございます!
───────────────────────
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
卯月のギャルソン姿、いいな
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
そう?似合ってるかな?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
勿論
お人形さんみたいで、可愛い
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えぇっ!それ、ほめてる?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
そのつもりだが
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
本日のブレンドとパニーニ、お待たせしましたー!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
…先輩、俺たちの間に割り込んでこないで下さい
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
バイト仲間が口説かれてたら、助けるのは当然だよ?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
口説いてないですよ
恋人同士の日常的な戯れでしょう
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
俺も、うーちゃんの恋人なのに!
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
まあまあ…
辰山、冷めない内に食べてよ
うちの店、コーヒーもフードも美味しいから
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
いただきます
お、確かに美味いな
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
どっちも俺が手掛けました!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
先輩が?
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
嫌そうな顔するなよー
パニーニにマスタードてんこ盛りにしたいの我慢して作ったんだから
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
虎谷先輩は、コーヒー淹れるのもフード作るのも上手いんだよ
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
将来、自分のカフェを持つのが夢だからね!
高校卒業したら、この店で働きながらカフェスクールに通うつもりだよ
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
意外と進路ちゃんと決めてるんですね
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
意外とって!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
いや、見直しました
遊んでばっかりのフザケてる人だと思ってたので
俺は目標のある人を、否定はしません
恋のライバルとして、戦い甲斐がありますよ
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
何か上から目線な気もするけど…まぁ、いっか
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
そうそう、うーちゃんがA大の商学部に入ったら、俺の店に引き抜くつもりだよ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
そうなんですか!?
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
うん
経営とか経理とか分かってる人、欲しいからね
そして、将来的には、うーちゃんを俺のお嫁さんに…
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
そうはさせませんよ!
卯月は俺と、楽しいキャンパスライフを送るんですから
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
何だとー!
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
二人とも、騒ぐと他のお客さんの迷惑になりますから…
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
(あれ?周りの人たち、何故か微笑ましげにこっちを見てる?)
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
ああ、うーちゃん、俺、三人で付き合うこと、店の人や常連さんに話したんだー♪
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えっ!
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
みんな暖かく見守ってくれるって♥
いやー、良い時代になったよね♪
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
そんな…(僕、周りを固められている!?)