無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

Story.13
當間流巧
大橋くんは…
8月9日
彼は美しい声の持ち主だった

絶対音感の持ち主で、家系は音楽家だった


彼には夢があった

世界中の人を自分の歌声で笑顔をすること


だがその夢は儚く消えてしまった
大橋和也
🎶プラチナのジェットに乗って
男「歌が上手いからって調子に乗りやがって」
大橋和也
原因はライバルの僻み





そして、事件が起きた
パリンッ!
大橋和也
う"っ…!
の、喉が…!
男「これで歌、歌えねぇだろ?笑」
ライバルにより喉をかき切られて、

歌声を出せなくなってしまった


彼は妬んだ


自分の夢を踏みにじられたことに

自分の夢が儚く散ってしまったことに

そして彼は『歌で支配したい』という思いが強くなり

音感術を手に入れた
嶋崎斗亜
藤原くんは…
2月8日
彼は面白く、非常に人気な人物だった

多くの人に囲まれ、慕われていた


ある日彼には恋人ができた

愛し合っており、とても幸せだった


だが、その幸せは続かなかった


帰り道に通り魔に逢い、

彼の恋人はこの世を去った


恋人の葬儀で彼は泣き崩れた
藤原丈一郎
なんで… なんでっ、千春なん…
誰や、千春にこんなことしたやつはっ…
藤原丈一郎
千春…まだ行ってないとこ沢山あるで??
やからほら、さっさと起きて行こうや…
なぁ…起きてや…お願いやからっ
藤原丈一郎
千春ーーーーー!
彼は酷く苦しんだ


恋人のところへ行こうと自殺を図った


だが死ねなかった いや、

死にたくないと思ったのだ

恋人の分まで生きようと決めたのだ


彼は何度も思った


『時間を止めれることが出来れば救えた』と


『救いたい』という思いが強くなり、

彼は時間停止術を手に入れた
井上あなた
グスッ…ヒック…
大西風雅
まだあるで
井上あなた
分かってる…
井上あなた
話して…