第24話

22
2,914
2022/03/02 22:00
学校からそこまで遠くないところまで相澤先生と一緒に寮の方へ向かった。












学校も大きかったけど寮も大きい…。









それにしてもきれいな建物すぎる…。









あなた「ここって前からずっとあったんですか…?」








相澤「いや…、安全のために最近作られたものだ…。いろいろあったからな…。」
 







相澤先生の表情が少し曇ってしまってあまり聞いては良くなかったなと思った。










最近あった雄英高校の生徒が一人ヴィラン連合攫われて行方不明になった事件だとわかった。





 




その事件は私も関わることはできず、他の事件に巻き込まれてしまっていたり、書類を書き終わらなかったりで死にそうになっていた…。








あなた「すいません…。嫌なこと思い出させてしまって…」








相澤「いや…、だが、その事件がきっかけであいつらもどんどん伸びてきている様になった。ある意味いい経験だったのかもしれない…。」








あなた「へえ…。」







きっと大変だったのにそんなふうに考えるのもすごいし、絶対に次あったときは負けないという熱意も伝わってきて雄英高校の人たちはすごいと思った。









相澤「んじゃあ、入るぞ…、」







あなた「あっ、はい!」








寮とかくるの始めてだから少し好奇心が勝っている…。









ガチャ











1-A組(ビクッ)








相澤「よぉ、お前らと三日間ほど一緒に過ごすやつだ…。」





あなた「えっと…、三日間お世話になります!天羽あなたです…。よろしくお願いします…!」






1年A組「「……………」」








……………無視された……。(泣)







相澤「おい、お前ら反応してやれ」







?「えと………俺、上鳴電気!よろしく!」




?「俺、俺、峰田実!!バストサイズ教え((((バコッ」





?「峰田最低ー!あっ、私芦戸三奈!よろしくねー!」





?「緑谷出久です!よろしくね。」




?「飯田天哉だ!!!委員長としてわからないことがあったら聞いてくれ!!!」







あなた「うん、ありがとう!ニコよろしくおねがいします!」







1年A組((めっちゃ美人…。////きれいすぎ………))








とりあえず自己紹介はしてもらえたけど、距離置かれてる気がしてちょっと悲しい……(泣)





相澤「あとはお前らで適当に話すなりしとけ…。」










えっ!?先生見捨てないでよ!!








そんな私の思いは伝わらず先生は寮を出ていってしまった…。





















これからどうすればいいの!!?

プリ小説オーディオドラマ