無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

fifty-five 初めまして
あなた

ん……もう、朝かぁ…

あなた

眠たいな…

あなた

てか、新学期じゃんか!!

あなた

早く行かないと!

―学校―
あなた

そっかぁ……私、3年なのかぁ…

??
ドンッ  いてて…ハッご、ごごごごごめんなさい!!
あなた

大丈夫です…

あれ?
??
(なんか…)
私は…
??
(俺は…)
この人を…
??
(知っている…?)
そんな気がする…
??
(まぁ気の所為か!)
??
本当にごめんなさいっ
あなた

いや、大丈夫なんで…

??
あぁ!!入学式のやつ行くんだったぁ!!
??
それじゃあ失礼します!
あなた

あ、はい


凄く騒がしい人だったな…(失礼)


なんで、あの人を知っている気がするんだろう…


あんなうるさい人と仲良くなる性格じゃないのにな……(これまた失礼ね)
あなた

えーっと…?3-Aか…

ガラガラッ


私の席あそこかな?


うわっ……めっちゃ男子に囲まれてるじゃん…


しかも、いけめそ……


女子に嫉妬されるやつじゃね?



だっrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrる
あなた

ススス……ストン

??
あ!初めまして・・・・・紫藤 n
??
ちゃうちゃうなーくんこの子去年同じクラスやったやんww
あれ?そうだっけ?(((((
??
そうそうwwでも、1回も話して無かったなぁ〜
え?マジで?
??
まぁ一応自己紹介
??
紫藤 七森です!
??
橙乃 詩瑛瑠です!
??
桃原 智実でしゅ!
ななもり
さとちゃーんww
ジェル
でしゅ!ってww
さとみ
ごめんじゃーんww
3人が一斉にこちらを見る


私も自己紹介しないとかな?
あなた

氷雨 あなたです…

ななもり
あなたちゃんね!俺の事なーくんって呼んでね〜
ジェル
俺はジェルくんな!
さとみ
さとちゃんって呼んで〜
あなた

はい

なーくん、ジェルくん、さとちゃん……



なーんか…聞いた事が……



あぁ。去年同じクラスだったんなら、お友達さんとかが呼んでるのを聞いたのかな?



てゆーか……なんか…
ななもり
(なんか…あなたちゃんと居ると……)
ジェル
(なんやろうな…言葉では表しずらいけど…)
さとみ
(懐かしい感じがする……)
なんでだろ?
―下校時間―
??
ねぇころちゃん待って〜!
??
早く帰りたくないの?!
??
いや、早く帰りたいですけどww
今日はなんか凄く、不思議だったな〜


赤髪の人と、なーくん、ジェルくん、さとちゃんと会った時なんだろう…


言葉では言い表せない…こう……


ビリッと来て…


何か…引っかかるなぁ……

??
ドンッ
あなた

…ぇ…?

待って待って待って?!


階段の方に行ってない?!


しかも、今日めっちゃぶつかられるじゃん!!

??
ガシッ
??
あっぶなーい…
??
るぅとくんナイス!
??
ほ、本当にすみません!!
さとみ
あれ?ころんじゃんあなたになんで謝ってんの〜?
??
聞いてよさとみくん!
??
ころちゃんがね、この先輩にぶつかって、るぅとくんが手を掴んだの!
さとみ
おお!!るぅとないすぅ!
ジェル
るぅとたまにはやるなぁ〜
??
ジェルくん?一言多かったですよね??
??
あっ初めまして!黄瀬 瑠羽斗です!
??
青谷 胡綸です!
??
赤川 莉犬でしゅ!あ、
ななもり
さとちゃんと同じ所で噛んだww
あなた

…っ…ww可愛いですねww

すとぷり
え………?
あなた

え?

すとぷり
笑ったぁぁぁぁ!!
すとぷり
可愛いぃぃぃい!
あなた

え?え?

てか、薄々思ってたけど黄瀬さん…
るぅと
(るぅちゃんって呼んでください!)
あ、うす




てか、この人達なーんか…見た事あるような気がするんだよなぁぁぁぁ




あぁぁぁぁ気になるぅぅぅぅ!





まぁ…でも、







なんか懐かしい感じがして、心地いいからいっか!









〜END〜