無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,452
2019/12/30

第7話

第7話
あなたside

みんなと仲良くなって、やっとお昼ご飯を食べ始めた。
北人
あなたちゃんお弁当なの!?
あなた

まあ、日によって違うけど、お母さんが仕事じゃない日は作ってくれる。

北人
そーなんだ!美味しそう…!
なんか欲しそうな目をしてるような…笑
あなた

あの、食べます??笑

北人
いいの!?
あなた

いいよ笑

北人
よっしゃあ!俺のパン、少しあげる!
そー言って食べかけのメロンパンを差し出してくる。
あなた

え、でも…

北人
遠慮しなくてもいいよ?
いや、そーいうことじゃないんだけど…笑
北人
あ、もしかしてメロンパン嫌い?
それも違う笑
あなたが困ってるんでやめてあげてください笑
北人
え?なんで?
北人と樹が言い合いしていると…

パクッ
うま…
北人
ちょっと!俺のメロンパン食べないでよ!
あなた

え、壱馬!?

壱馬
お、あなた。なんでここにいんの?
僕が一緒に食べよーって誘ったんすよ。
壱馬
おー、そっか。
え、壱馬さんあなたと知り合いですか?
壱馬
まあな笑 今日もあなた寝坊して…
あなた

もう!言わなくていいってば!

壱馬
あ、この玉子焼きうまそーじゃん。
この人も全然聞いてない…笑
壱馬
うお!やっぱあなたのお母さんの玉子焼きうめぇわ。
あなた

ちょっと、勝手に食べないでよ!

壱馬
いーじゃん別に。
北人
俺の方が先に食べようと思ってたのに…
北人さんどんまいっす笑
俺のあげるんで元気だしてください笑
北人
樹ありがと!
どういたしまして笑
しょーもない話をしていると、長谷川くんが急に言った。
あの、もしかして今日あなたにデコピンしたのって壱馬さんですか?
壱馬
え、バレた?笑
あなた

もー痛すぎた!壱馬はばかだから加減が分からないんでしょ?笑

壱馬
あほのあなたが寝坊して自転車の後ろで俺に抱きついたまま寝てたからだろ笑
え?
北人
それって、どういうこと!?
あなた

壱馬、変なこと言わないでよ!眠かったからつい寝ちゃっただけだし…

結局寝てるし笑
あなた

まあ、それはそーだけど!だからってデコピンしなくてもいいでしょ!

壱馬
やっぱり悪い子には罰でしょ。
うわ、出たよドS。