第18話

和磨の家
111
2017/10/11 12:30
なんとか制服が乾き、家に帰る。

「ただいまー」

まぁ家には誰もいない。
2人とも忙しく、家にいることも少ないわけで…

だからいつも和磨の家に行ったっけ。







「またうち来るのかよ(笑)」

「いいじゃん♪いつものことだし!
 おばさんは優しいし、おじさんだって
 温かいもん!」

「そうかよ。まぁいいけど」

「そうこなくっちゃ!」


「どーぞ」

「お邪魔しまーす!」

「あらー!あなたちゃん
 おかえりなさい!」

「ただいま!おばさん!」

「俺もいるんだけど」

「和磨もおかえり!」

「ただいまー」

「あなたちゃん。和磨のこと
 よろしくね?」

「わかってますよ!責任をもって
 見てます(笑)」

「ったく、あなたに見られてたって
 うれしくないっつうの。」

「いいじゃん!」

「はいはい…。
 じゃあ俺の部屋に行くか〜」

「もちろん行く!」

「じゃあ2人とも仲良くね!」

「はーい」

「行くぞー」


なんて言って部屋にも入ったな。

和磨の部屋はTHE男の子って
感じで、カーテンは青で、
サッカーボールがあって、机に、イスに
ベッド、それに本棚もあって、
漫画がたくさんつまっている。

私が座るのは大抵
イス。

さすがにベッドに座れないけど
「こっちこいよ」

なんて言われた日にはベッドに
ふたりで座る。

「この漫画みたか?」

「まだ最新巻は読んでない」

「じゃあほらよ」

って言って渡してくれたり…




もうそんな日々はないのか。



シャワー浴びよ。


昼頃は暑いけど夜寒くなるし、
風邪ひいちゃいけないし…