プリ小説

第7話

悠矢ver.6
午前8時25分
由麻(ゆま)
もうついてるよー!
あなた

了解(*`・ω・)ゞ

2分後
あなた『由麻ー!』

由麻『あなた!ごめんね!急に。』

あなた『うんん!大丈夫!どうしたの?』

由麻『これ!』
あなた『これって。』

由麻『ネックレス!今日誕生日おめでとう(*^^*)』

あなた『ありがとう。(*^^*)』

由麻『今日デート楽しんでおいで♡♡』

あなた『え?どういう事?』

由麻『聞いちゃた。ごめんね!ある人から聞いた話なんだけど、
なんか、悠矢くんがね、ピリピリしてたの。そしたら、いきなり立ち上がって、「あなた好きだ。」って。小さく小言で言ってたんだって♡
まぁ、けども悠矢くんは前々からあなたが好きだって事はみんな知ってるけどね。常識範囲。』

あなた『恥ずかしいんだけど。なんで今日デートって分かったの?』

由麻『悠矢くんがあなたの誕生日探ってた事、今日あなたが用事あるって事、悠矢くんから直接聞いたこと。』

あなた『直接聞いたんだ。』

由麻『うん!あっ、もうすぐ準備しないと間に合わなくない?』

あなた『ホントだ!由麻ありがとう!じゃあね!』

由麻『バイバイ!』


〜由麻の気持ち〜
お願いします。悠矢くんと、あなたのデートが上手くいきますように。
あなた、好きだよ。友達としてではなくて。
出会った時からずっと。だけどあなたには悠矢くんがいるもんね。
悠矢(ゆうや)
○×○駅で待ってる。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ミルクティー🍼😗 活動停止中。
ミルクティー🍼😗 活動停止中。
小説アカウント。 中3女子。 高校合格しました。 応援して下さった皆さん、 本当にありがとうございました! ハートやコメントいつもありがとうございます! 🍼😗ファンマーク? よければどうぞ。 King & Prince 永瀬廉君♡♡ HiHi Jets 井上瑞稀君♡♡(初めて知ったJr) 橋本涼君♡♡