無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

619
2021/12/04

第75話

〘依頼完了❥〙
雨戸
雨戸
ふぅ〜。依頼完了〜
椅子に座ったまま背伸びをしながらその言葉を発した。
木谷美子
あの....
美子さんが不安そうに俺の顔を覗き込んだ。
雨戸
雨戸
とりあえず、依頼は完了しましたよ^^*
イマイチ状況を掴めていなさそうな様子だ。
それもそうだ。一般人?にはこういう出来事は無縁だろう。
雨戸
雨戸
今回は精神的に苦痛を与えることにしました。
まずはヤクザさん達にし〜っかり扱かれた後にムショに入ってもらいますが、そのムショはちょ〜っとやばい人の集まりで看守も大抵の事は見逃すんですよ〜!暴力なんて日常茶飯事。ボス的存在のヤツをいかに満足させられるかでムショの人生決まりますね!✨ムショから出てもまたヤクザのお世話になりますしこれからの人生辛いでしょうね〜。ついでに親御さん達にもだぁいぶ痛い目にあってもらうんで安心してください(ニコッ
最後の仕上げと言わんばかりにパソコンに向き合いながら詳細を説明し終わると

グスン

すすり泣くような声が聞こえた。
雨戸
雨戸
えっ
バッ

俺は慌てて美子さんの方へ体を振り向かせると案の定美子さんが泣いていた。

何かやからしてしまっただろうか。それとも復讐の仕方が軽すぎたのだろうか。
雨戸
雨戸
えええっと美子さん....?あの...なにかしちゃっ..た...かん...じ?
この仕事は依頼人が少しでも気が晴れなければする意味が無い。もし美子さんの気持ちが少しでも楽になっていないのであればまた計画を練り直さなければならない。

ガシッ

そんなことを考えていると美子さんが俺の手を両手で力強く握った
雨戸
雨戸
えっ!?っと!?
木谷美子
違うの....(泣)すごく....すごく嬉しいっていうか...(泣)悲しかったって言うか...(泣)色んな感情が体から伝わってきて...でも....気持ちが楽になった気がするの...。
美子さんの顔が複雑な顔をしている。
きっと...美子さんは普通の...仲が良く楽しい夫婦になりたかったのだろう。でも...その願いは叶わなかった。でも本当は...そう思っているから...まだ少しでも夫のことを信じていたかったからここで涙を流しているのではないか...。
俺は美子さんの流している涙の意味をそう受けとった。

美子さんはそれから暫く泣いていた。

___
__
_