第3話

自己紹介と初
1,279
2017/12/31 14:07
「では、出席番号順に名前とか言ってて」

「「はーい」」

「○咲 ○奈です!!~~~~~~」

どんどん終わってく

緊張するな…

「犬岡走です! バレー部に入りたいと思ってます!」

バレー部…

犬岡君か…、覚えとこ

「じゃあ、次! 岩泉さん?」

『え、あ、岩泉 千夏です! 宮城から来ました! よろしくお願いします!』

恥ずかしい…

みんなの前で遅れて…

自己紹介が終わり

自由な時間の時

「…あの、岩泉さん」

『ん、はい!?』

「私…天河 恋奈って言います! よろしくお願いします!」

名は体を表す

これはこういう事なのね

名前もすっごい可愛いのに

容姿も声も可愛い

『あ、はい、よろしくお願いします』ニコッ

「タメ口でもいいですかね?」

『全然いい、全然いい!! あ、恋奈ちゃんって呼ぶね』

「私はちなちゃんって呼んでもいいかな?」

かわいい

『もちろんだよ!!』

東京での初友でした…。

〜♪

『あ、私だ』

スマホがなったから電話かな?

誰だろ…

表示されてた名前は……


及川徹


徹ちゃんかー

『もしもし』

"もしもし!?千夏!!"

"なーに?徹ちゃん"

"あ、ちょ、まっつん奪わないで!!"

"……"

"もしもし、及川の友達でーす"

"は、はぁ……"

"またもや、変なお方が……。"

"及川からの伝言ね、東京から早く帰ってこいだそうですよ"

"帰りません、以上です。"

"だって、"

"千夏ー!! 岩ちゃんも元気ないんだよ〜"

"兄さんはいつも連絡取ってるでしょ!!!"

"じゃあ、今度あった時抱きしめてくれる?"

"はいはい、は?"

"やったー!!!!!及川さん幸せで死んじゃうかも"

"いや、ちょ"

ブーブーブーブー

切れてるし

「お、終わったかな?」

『あ、大丈夫!』

「…あ、あのさ……ちょっといいかな?」

『え、あ、はい?』

「私も友達に……」

『もちろん、いいよ!』

「私は小林 奈穂だ!」

『岩泉 千夏です』

「タメ口でいいぞ、それとちなって呼ぶな」

『うん、私はなほっちって呼ぶね』

「わ、私も!!」

『じゃあ、恋奈ちゃんから…れなっち?』

「うんうん!」

私は数分で二人も友達出来ました

これからも頑張ります!



「ふふふ〜ん」

「及川、きめぇぞ」

「いいもんねー、岩ちゃんに勝ったもん!」

「は?」

「千夏の初ぎゅー貰うんだ!」

「千夏はとっくのとうに俺とハグぐらいししたことある…」

「な…………岩ちゃんのバカー!!!!!!」

「お前が勘違いしただけだろーが!!!」

プリ小説オーディオドラマ