プリ小説

第7話

あの頃に
俺はあの頃に戻りたい…とも思うし、戻りたくないって言うのもある


あの頃に戻ってあの時の俺をぶん殴って、
『周りを見ろ』『気づけボケェ』って言ってやりたい

そしたら、国見達を傷付けることも無かったかもしれないのに


でも、もしあの事がなければ、それはそれで
俺は立ち止まったままだったかもしれない



こういう関係もいいんじゃないかって思ってしまったよ、俺は


国見達のことを傷つけたし、俺自身も傷ついた

だけど、あの事があったから今の俺達がいるんじゃないか


そう思うよ、だから、これはこれで良かったのかもしれないな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

黒尾 咲☆
黒尾 咲☆
ポエムや詩を主に出していこうかなとおもってます 小説はハイキューを主に書いていくつもりです 文才なくわかりづらいところがあるかとは思いますがよければ読んでいってもらえると嬉しいです プリ画像、プリ小説共によろしくお願いしますm(*_ _)m