無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

今の俺には金田一がいる


クソ川先輩や岩泉先輩、いい先輩に囲まれてる
だけど、烏野にいる影山を見ると、少し胸が痛い


もし、もし影山も青城に来てたら、同じチームとしてバレーしてたら、今の影山は見れなかったのだろうか


俺たちじゃ、影山を変えることは出来なかったのか?
俺たちじゃ、気づかせることも出来なかったのか



なぁ、金田一。お前の言う通りだよ


なんか、悔しいな。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

黒尾 咲☆
黒尾 咲☆
ポエムや詩を主に出していこうかなとおもってます 小説はハイキューを主に書いていくつもりです 文才なくわかりづらいところがあるかとは思いますがよければ読んでいってもらえると嬉しいです プリ画像、プリ小説共によろしくお願いしますm(*_ _)m
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る