無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

“約束”
甲子園の熱戦も終わり、選抜高等学校野球大会がはじまる。(あ、明治神宮ですね)

((明治神宮も楽しみだなー!早く見たい!
優太
お、小川、今日ってさ放課後空いてる?
伝えたいことがあるんだけど…
((え、なんだろ。はなのことかな。
みなみ
うん、大丈夫!
教室でいいのかな?
優太
お、おう。


放課後。私は1人教室で待つばかり。
約束の時間になっても来ない優太。
((なにしてんだろ、遅いな。
あんまり来なかったら帰ろ…

ガラガラッ
((!?
優太
ごめん遅くなった。
待たせてごめん。
みなみ
う、うん。
あのさ、話って何?
優太
あのな、俺の好きな人は吉野じゃなくて小川だ。
こんな俺でもよかったら付き合って欲しい。
((え、なんで?はなじゃないの?
みなみ
だってはなにOKしたんでしょ?
なのに何で?
優太
吉野でもいいと思ってた。
でも俺は小川じゃなきゃダメだ。
みなみ
私でもいいなら…
こちらこそお願いします!
優太
ありがとう。
俺、この場で約束するな。
“小川を甲子園に連れていく”。約束だ。
みなみ
嬉しい。ありがとう。
待ってるから、約束が果たせる日まで。
こうして私たちは付き合うことになった。